ホーム > 佐久地域振興局 > 商工農林業 > 佐久地域の食材_プルーン

ここから本文です。

更新日:2018年12月27日

佐久地域振興局

佐久地域の食材_プルーン

佐久地域の清涼な空気のも下で太陽の光を受けて育ったプルーンプルーン

長野県のプルーン発祥地・佐久

平成27年産のプルーン生産量は全国で2,813トン、このうち長野県での生産量は1,704トンで、61%のシェアを占めています。特に佐久地域は、昭和40年から栽培が開始された長野県プルーン生産の発祥地で、県内はもとより全国的にみても良質のプルーンが生産される先進的な産地として知られ、長野県プルーンの約4割(670t)を生産しています。

栄養成分たっぷりのミラクルフルーツ

プルーンには、カリウム、カルシウム、鉄が豊富に含まれ、またビタミンA・Bも多くミネラルの宝庫と言われています。ミネラルには、血液をサラサラにする働きがあり、果皮に含まれるセルロースや果肉に含まれるペクチンなどの食物繊維は、便秘を良くする働きがありますので、健康はもちろん、美容にもおすすめです。

佐久地方で生産している主なプルーン

 

品種 写真

特徴

佐久地域の収穫時期
アーリーリバー

アーリーリバーの写真

プルーンの中で最も早生の品種です。糖度は若干低めですが、酸味のあるプルーンが好みの方にはおすすめです。

7月中旬~8月上旬

ツアー

ツアーの写真

早生の品種で、肉質は緻密で締まり、歯ざわりが良く多汁です。糖度は17%前後で酸味はほとんどありません。

8月上旬~8月中旬

サマーキュート

サマーキュート

サマーキュート

長野県果樹試験場で育成された品種であり、果実が50~60g程度、糖度19%と高く、甘みが多く、酸味が少ない品種です。 9月上旬
サンプルーン サンプルーンの写真

佐久市臼田地区で選抜された品種で、佐久地域で最も多く生産されています。果実は30g程度でやや小粒です。糖度は18%前後で酸味の少ない品種です。

9月中~下旬

オータムキュート

オータムキュート 

 オータムキュート 

長野県果樹試験場で育成された品種であり、果実が80g程度の大玉品種です。糖度20~22%と非常に高く甘みが多く酸味少ない品種です。 9月下旬~10月上旬
プレジデント プレジデントの写真 晩生の品種で果実が80g~100gと大きいのが特徴で糖度は15~16%、果肉は黄色でやや硬めです。
9月下旬~10月中旬

 

佐久地域における食材あれこれのページに戻る

 

お問い合わせ

所属課室:長野県佐久地域振興局農政課

長野県佐久市跡部65-1

電話番号:0267-63-3144

ファックス番号:0267-63-3189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?