ホーム > 佐久地域振興局 > 商工農林業 > 佐久地域の食材_ロメインレタス

ここから本文です。

更新日:2019年9月24日

佐久地域振興局

佐久地域の食材_ロメインレタス

名前の由来

ロメインレタスその1ロメインとは、ローマの意味でローマで多く見られたことに由来するようです。海外を中心に品種改良が進みヨーロッパでは在来種を含めると300種にも上がります。日本においては、意外にも身近に存在しており、コンビニエンスストア・ファミリーレストラン等のサラダメニューにこのロメインレタスが使われています。

特徴

ロメインレタスその2栄養成分にとても優れています。結球性レタス(一般に売られている玉になったレタス)に比べてビタミンCは2倍程度、β-カロチン・ポリフェノールについては、3倍程度多く含み疲労回復などの効果があります。
クセがなく食味が良いので、サラダや炒め物の他に、焼肉などのいろいろな具を包んで食べても美味しいです。

 

 

 

佐久地域における食材あれこれのページに戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県佐久地域振興局佐久農業農村支援センター

佐久市跡部65-1

電話番号:0267-63-3144

ファックス番号:0267-63-3189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?