ホーム > 佐久地域振興局 > 商工農林業 > 佐久地域の食材_花まめ

ここから本文です。

更新日:2019年12月19日

佐久地域振興局

佐久地域の食材_花まめ

ベニバナインゲン

花豆の花インゲン豆の一種で豆類の中でも最大級(直径約3cm)の大きさです。江戸時代末期にオランダ人により日本に伝えられ、大きな美しい花が咲くため、最初は観賞用として栽培されていました。現在では食用として、主に長野県や北海道、東北地方など冷涼な地域で栽培されています。右の画像は花豆の花です。

 

花まめ

 

 

 ほぼ実物大の大きさです。

 

煮た花豆を想像してみてください・・・

花豆には紫花豆と白花豆があります。佐久地域では紫花豆が高冷地で生産されています。皮が堅く煮くずれしにくいので煮豆によく用いられます。ほくほくした食感が楽しめる高級品種です。

 

 

豆は日本人に不足しがちな栄養素を効率よく補給します

豆はビタミンB1・Kなどのビタミン類やタンパク質・食物繊維・ミネラル(カルシウム、鉄、カリウム、亜鉛)を豊富に含んでいるため、活性酸素を除去し、がん予防、動脈硬化予防、心臓病予防など多彩な機能性をもち、生活習慣病を予防する働きがあります。

 

佐久地域における食材あれこれのページに戻る

 

お問い合わせ

所属課室:長野県佐久地域振興局佐久農業農村支援センター

佐久市跡部65-1

電話番号:0267-63-3144

ファックス番号:0267-63-3189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?