ホーム > 佐久地域振興局 > 商工農林業 > 佐久地域の食材_ブロッコリー

ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

佐久地域振興局

佐久地域の食材_ブロッコリー

ブロッコリー

平成28年の佐久地域のブロッコリーの生産は、456ha、4,299トンで小諸市・御代田町・南牧村を主体に栽培され、長野県産ブロッコリー生産の約48%を占めるなど、県内一の高いシェアを誇ります。

味や香りに癖がないので、いろいろな料理に使えます。茎もゆでると甘みがでて、おいしく食べられます。ブロッコリーは、カリフラワーと同じアブラナ科の野菜でキャベツの変種です。

 

 

カロチン豊富な緑黄色野菜ビタミンCもたっぷり

ブロッコリーはガン予防、風邪予防に欠かせないビタミンCをレモンの2倍、じゃがいもの7倍も含み、100g食べると1日の摂取量がまかなえると言われています。また、カロチン、ビタミンB2なども豊富で食物繊維が多いので、血糖値を正常に保つ効果があります。そのほか、皮膚や粘膜の抵抗力を強めるカロチンと、しみ、そばかすに有効なビタミンCを含んでいるので、美肌にも良いと言われています。

出荷時期

佐久地域での出荷時期:6月~11月

 

佐久地域における食材あれこれのページに戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県佐久地域振興局佐久農業農村支援センター

佐久市跡部65-1

電話番号:0267-63-3144

ファックス番号:0267-63-3189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?