ホーム > ~職場のトラブルの解決をお手伝い~10月は「個別労働紛争あっせん制度」周知月間です

ここから本文です。

更新日:2021年9月27日

~職場のトラブルの解決をお手伝い~10月は「個別労働紛争あっせん制度」周知月間です

長野県労働委員会では「個別労働紛争あっせん制度」により労働者個人と事業主とのトラブルの解決のお手伝いをしています。県では毎年10月を本制度の周知月間とし、各種啓発活動を行います。

1.期間

令和3年10月1日(金曜日)から10月31日(日曜日)まで

2.主な取組内容

(1)街頭啓発活動

日時 場所 活動内容

令和3年10月6日(水曜日)

午前7時30分~8時30分

JR長野駅

アルクマとともに、啓発物品(ポケットティッシュ)を配布

※啓発物品は手渡しではなく、自主的に取っていただく方式とします。

※呼びかけは、十分な距離を取り、マイクを使用して行います。

(2)県内の4合同庁舎に周知・啓発コーナーを設置

県内の4合同庁舎にポスターを展示、チラシ・啓発用ポケットティッシュを配布

(3)ラジオ番組への出演

労働委員会の委員がラジオ番組(10月1日(金曜日)FM長野「しあわせ信州ナビゲーション」)で、あっせん制度をPR

(4)労政事務所の労働講座における制度の周知・PR

労政事務所が主催する労働教育講座等で事務局職員があっせん制度をPR

(5)広報誌等への記事の掲載

市町村広報誌、経営者協会及び中小企業団体中央会の機関紙へPR記事を掲載

(6)ポスター・チラシを活用した周知

県の関係機関、市町村、労働組合、使用者団体等関係団体にポスター、チラシを配布

個別労働紛争あっせん制度とは

「個別労働紛争の解決の促進に関する法律」に基づき、解雇やパワハラなど労働者個人と事業主との間生じた様々な紛争を、労働問題の専門家である「あっせん員」が公正・中立な立場で丁寧にお話を伺い、問題の円満な解決に向けて支援する制度で

  1. 簡単な手続
  2. 費用は無料
  3. 迅速な解決
  4. 秘密は厳守

という特徴があります。

「あっせん」申請は県下4か所の労政事務所及び労働委員会事務局でお受けします。


 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:労働委員会労働委員会事務局

担当者名:(次長)小林 裕之 (担当)渡辺 寛子

電話番号:026-235-7468

ファックス番号:026-235-7367

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?