ホーム > 仕事・産業・観光 > 労働・雇用 > 雇用対策 > 信州でインターンシップ応援補助金

ここから本文です。

更新日:2017年8月24日

信州でインターンシップ応援補助金

 県外の大学等に在籍する学生の県内事業所等におけるインターンシップ(就業体験)の参加を促し、県内企業の魅力の理解促進を図るため、インターンシップの参加に要する費用を補助する「信州でインターンシップ応援補助金」について、平成29年度の受付を開始しました!

 なお、インターンシップに参加(又は実施)する日の7日前までに申請いただく必要がありますので、ご注意ください。

 

1 補助対象者

(1) 大学生等(長野県外に本部を有する大学(大学に置く大学院を含む。)、短期大学、高等専門学校又は専修学校に在籍し、県外に在住する者に限る)

  ※ただし、以下の方は補助対象外です。

  • 最終学年の学生(大学院進学予定者及び大学編入予定者を除く。)
  • 資本金30億円以上又は従業員数1,000人以上の事業者の実施するインターンシップに参加する大学生等

(2) 事業者(県内に事業所等(本社、支社、営業所、工場等)を有する者に限る)

  ※ただし、資本金30億円以上又は従業員数1,000人以上の事業者については、補助対象外です。

2 補助対象事業

県外に本部を有する大学等に在籍し、県外に在住する大学生等が参加するインターンシップ(就業体験)で、次に掲げる要件を全て満たすもの

県内の事業所等(国及び地方公共団体を除く)で実施されるものであること
実施期間が実働3日以上であること(ただし、当該実施期間が属する年度の2月末日までに終了したものに限る。)
③ 採用活動とは一切関係ないことを明確にし、就業体験の提供を目的としたものであること
④ 労働関係法令が遵守されているものであること

3 補助対象期間

インターンシップが開始される日(開始日の前日を含む。)から当該開始日が属する年度の3月31日まで

4 補助対象経費

(1) 交通費(大学生等が県外の居住地から宿泊先を経由してインターンシップを行う事業所等を往復するために必要な交通機関の使用に要した実費経費)

(2) 宿泊費(インターンシップ実施期間(実施日の前後を含む。)において、インターンシップ実施先に滞在するために要した実費経費。ただし、食事代は除く。)

2補助対象者(2)に規定する事業者にあっては、大学生等がインターンシップに参加するために要した上記補助対象経費のうち、事業者が実際に負担した費用を対象とする。

※事業者にあっては、事業者が保有する施設に受入学生を宿泊させた場合の宿泊費は補助対象経費として認められません。ご注意ください。

5 補助限度額

(1) 大学生等 30,000円 ※同一年度中に限り、限度額に達するまで複数回申請可能

  ただし、受入事業者が「職場いきいきアドバンスカンパニー認証企業」の場合は40,000円

(2) 事業者 大学生等一人につき30,000円 ※同一年度中に限り、限度額に達するまで複数回申請可能とし、申請人数の上限なし

  ただし、受入事業者が「職場いきいきアドバンスカンパニー認証企業」の場合は40,000円

※「職場いきいきアドバンスカンパニー認証企業」については下記のページからご確認ください。

職場いきいきアドバンスカンパニー認証企業のご案内

6 申請手続

インターンシップに参加(又は実施)する日の7日前までに、「信州でインターンシップ応援補助金交付申請書(様式第1号)」を県に提出

② 長野県から、補助金の交付決定通知を申請者あてに発送

インターンシップへの参加後(又は実施後)30日以内に、「信州でインターンシップ応援補助金実績報告書(様式第3号)」を県に提出
 ※期日までに提出されない場合、交付決定を取り消すことがありますので、ご注意ください。

④ 長野県から、補助金額の確定通知を申請者あてに発送

⑤ 補助金額の確定通知を受領後、「信州でインターンシップ応援補助金請求書(様式第4号)」を県に提出

⑥ 長野県から、補助金を指定口座に振込

留意点

(1) インターンシップに参加(又は実施)しなくなったとき又は補助対象事業の要件を満たさなくなったときは、「信州でインターンシップ応援補助金廃止・取下げ申請書(様式第2号)」を県に提出してください。

(2) 事業者にあっては、補助金の交付決定を受けた後、受け入れる大学生等の数に増減が生じるときは、「信州でインターンシップ応援補助金変更交付申請書(様式第1-2号)」を県に提出してください。

(3) 大学生等にあっては、インターンシップに参加したことを証する書類として、「インターンシップ実施証明書(様式第3号別紙2)」を受入事業者に作成してもらうこと。

(4) 予算の都合上、採択とならない場合や補助額が申請どおりにならない場合があるほか、年度途中であっても受付を終了することがありますので、ご承知ください。

添付書類について

インターンシップに参加する者が大学生等であることを証する書類(例:学生証の写し)、インターンシップの参加に要した費用がわかる書類(例:使用した交通機関や宿泊したホテルに係る領収書の写し)、インターンシップに参加(又は実施)したことを証する書類(例:事業者が大学等又は大学生等と交わした協定書や誓約書の写し)等の提出を求めますので、予めご承知の上、ご準備ください。

なお、領収書は必ずあて名に支払者名(申請者名、受入学生氏名)、但書に用途(交通費として、宿泊費として、など)が記載されているものを提出してください。

書類提出先及びお問い合わせ先

〒380-8570
長野県長野市南長野幅下692-2
長野県庁 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係
Tel:026-235-7201 FAX:026-235-7327
E-mail:koyotai@pref.nagano.lg.jp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部労働雇用課

電話番号:026-235-7201

ファックス:026-235-7327

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?