ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)1月プレスリリース資料 > 令和元年(2019年)労働組合基礎調査結果(長野県)の概要をお知らせします

ここから本文です。

更新日:2020年1月23日

令和元年(2019年)労働組合基礎調査結果(長野県)の概要をお知らせします

長野県(産業労働部)プレスリリース令和2年(2020年)1月23日

 この調査は、厚生労働省が我が国のすべての労働組合を対象に、労働組合数、労働組合員数、加盟組織系統等の状況を明らかにすることを目的として、毎年6月30日現在で実施している労使関係総合調査(労働組合基礎調査)です。

 本調査結果は、県内分を独自に取りまとめたもので、単位組織組合と単一組織組合の最下部組織である単位扱組合とをそれぞれ1組合として集計したものです。(別紙(参考)をご覧ください。)

 全国の状況は厚生労働省のホームページ↓をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/roushi/kiso/19/index.html(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

1労働組及び労働組合員の状況

  • 労働組合数 1,402組合(対前年18組合減(1.3%減))
  • 労働組合員数 172,514人(対前年1,302人減(0.7%減))
  • 推定組織率 18.8%(対前年0.1ポイント減)

2適用法規別の状況

 適用法規別の労働組合員数は、労働組合法適用労働組合員が137,408人(79.7%)、次いで地方公務員法適用労働組合員が33,584人(19.5%)となっている。

3労働組合法適用労働組合の産業別の状況

 労働組合法適用労働組合の産業別の労働組合員数は、「製造業」が最も多く57,810人(全体の42.1%)、次いで「建設業」の19,223人(同14.0%)、「医療,福祉」が16,982人(同12.4%)となっている。
 対前年差でみると、増加幅が大きかった産業は、「医療,福祉」が177人増加(1.1%増)で、減少幅については、「運輸業,郵便業」の533人減少(6.7%減)が最も大きく、全体ではおおむね横ばいとなっている。

4主要労働団体への加盟状況

  • 日本労働組合総連合会長野県連合会(連合長野) 105,169人
  • 長野県労働組合連合会(県労連) 22,519人

5パートタイム労働者の状況

  • 労働組合員数 8,066人(対前年407人減(4.8%減))
  • 全労働組合員数に占める割合は 4.7%(対前年0.2ポイント減)

詳しくは下記のページをご覧ください。

労働組合基礎調査結果

労働雇用課統計ホームページ:http://www.pref.nagano.lg.jp/rodokoyo/sangyo/rodo/toukei/toukei/index.html

 

関連資料

プレスリリース資料(PDF:636KB)

 


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業労働部労働雇用課

担当者名:(課長)米沢一馬 (担当)北村小竹

電話番号:026-235-7119

ファックス番号:026-235-7327

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?