ホーム > 仕事・産業・観光 > 森林・林業 > 森林整備・緑化推進 > 労働安全衛生規則の一部が改正されています~伐木作業を行うすべての業種が対象~

ここから本文です。

更新日:2020年2月17日

労働安全衛生規則の一部が改正されています~伐木作業を行うすべての業種が対象~

1労働安全衛生規則の一部を改正する省令等の概要

(1)概要

林業における労働災害は、その発生率が全産業平均の約10倍と突出しています。とりわけその死亡災害のうち約6割をチェーンソーを使った伐木作業が占めています。そうした現状等を踏まえ、チェーンソーによる伐木作業の安全対策の強化のため、厚生労働省により「労働安全衛生規則」が一部改正されてました。

林業・土木工事や造園工事等業種にかかわらず、伐木作業等を行うすべての業種が対象となります。

(2)主な改正内容

hokou-11

 

 

(3)参考

詳しくは、周知リーフレット「伐木作業の安全対策の規制が変わります!」(厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署)をご確認ください。

周知リーフレット(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

2チェーンソーによる伐木業務の特別教育の統合に伴う補講について

(1)改正により必要となる補講の範囲

上記改正に伴い、これまでにチェーンソーによる伐木等の特別教育を受けた労働者が、2020年8月1日以降にチェーンソーによる伐木等の業務を行う場合、業務を行う前までに、事業者は、追加された教育内容について、これまで労働者が受講した内容別に補講を行う必要があります。

(2)補講内容

(1)規則第36条第8号の特別教育を修了した者(チェーンソー等の教育を受けた者)

(合計2時間30分)

hokou-2

 

(2)規則第36条第8号の2の特別教育を修了した者

(合計5時間)

上記(1)の補講に加えて、以下の補講が必要になります。

hokou-3

 

 

3補講に当たっての留意事項

補講については、以下の機関で受講することができます。

(1)林業・木材製造業労働災害防止協会長野県支部での受講

対象者:以前に林業・木材製造業労働災害防止協会、長野県林業総合センター、長野県林業大学校、(一財)長野県林業労働財団の講習を受講し、修了証をお持ちの方

 

具体的な対象者や実施内容等の詳細は、以下にお問い合わせください。

林業・木材製造業労働災害防止協会長野県支部

電話:026-227-0327

ファックス:026-228-0580

 

(2)長野県林業総合センターでの受講

対象者:長野県林業総合センターにおける「チェーンソー特別講習」を修了しており、現在も林業関係に携わっている方。

なお、林業・木材製造業労働災害防止協会会員の皆様におかれましては、(1)の林業・木材製造業労働災害防止協会長野県支部が実施する講習への参加をお願いします。

その他実施内容等の詳細は、以下の長野県林業総合センターのHPをご覧ください。

林業総合センターHPアドレス

 

line

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

林務部信州の木活用課

電話番号:026-235-7274

ファックス:026-235-7364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?