ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)10月プレスリリース資料 > 日本初の「第10回食用菌根性きのこに関する国際ワークショップ(IWEMM10)」の公開イベントが諏訪市で開催されます

ここから本文です。

更新日:2019年10月11日

日本初の「第10回食用菌根性きのこに関する国際ワークショップ(IWEMM10)」の公開イベントが諏訪市で開催されます

長野県(林務部)プレスリリース令和元年(2019年)10月11日

令和元年10月21日から25日にかけて、諏訪市を中心に食用菌根性(きんこんせい)きのこの国際学会である「第10回食用菌根性きのこに関する国際ワークショップ(IWEMM10)」が日本で初めて開催されます。この国際学会に先立ち10月20日(日曜日)に「茸と私たちの暮らし」をテーマとして公開イベントが諏訪市文化センターで開催されます。

1日時

令和元年10月20日(日曜日)10時30分~16時50分

2場所

諏訪市文化センター(諏訪市湖岸通り5−12−18)

3主催

「第10回食用菌根性きのこに関する国際ワークショップ」実行委員会

4内容

(1)野生きのこに関する講演

アレクシー・ゲレン・ラゲット博士(ニュージーランドより来日)

金井隆氏(諏訪まつたけ生産振興会)

(2)世界のきのこ事情(ドキュメンタリー映画)

(3)信州きのこ創作料理(試食会)

丸山大輔氏(日本料理「悠善」代表取締役)

5参加

入場無料、事前登録不要です

6問合せ先

長野県林業総合センター特産部(電話:0263-52-0600)

 

「食用菌根性きのこに関する国際ワークショップ」とは

マツタケ、トリュフなどの食用の菌根性きのこに関して、隔年で開催されるきのこの国際学会。学術的な発表だけではなく、国内外のきのこ事情等を紹介する一般向け公開イベントの開催や、国外からの参加者等に開催地域の名所、文化を紹介し親交を図るなど、地域交流が行われることがこの学会の大きな特色。

第10回目となる今回は諏訪市を中心会場として日本で初めて開催される。

(過去の開催国:スウェーデン、ニュージーランド、カナダ、スペイン、中国、モロッコ、グアテマラ、フランス、メキシコ)

IWEMM10の専用HPのURL:https://iwemm10-nagano.com/(英語のサイトです)

検索エンジンで「IWEMM10」で検索してください

※IWEMM(International Workshop on Edible Mycorrhizal Mushroomsの略)

 


担当部署 林務部信州の木活用課
担当者 (課長)城風人(担当)高橋太郎
電話

026-235-7267(直通)

026-232-0111(代表)内線3235

ファックス 026-235-7364
メール ringyo@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?