ホーム > 山岳情報 > 山岳総合センター便り⓶

更新日:2020年12月15日

ここから本文です。

山岳総合センター便り⓷
先輩の防寒対策に学ぼう!

真っ白な雪山はとても魅力的!でも「寒さに弱くて楽しめない…」そんな声も聞こえてきます。また、寒さや濡れ対策をおろそかにすると、命にもかかわることも。達人は長年の経験から、いろいろな工夫をしている様子。そんな山の先輩たちに、「雪山初心者にぜひとも伝えたい防寒対策」について聞いてみました!

⓵外からも!中からも!とにかく「濡らさない」!

  • 出来るだけ汗をかかないよう気を付ける。暑くなる前にすぐ脱げて、休憩時等すぐ着られるようレイヤリングや収納に工夫を!
  • 脱いだもの(特に手袋)を雪の上に置いたりしない!
    濡れる!飛ばされる!!

⓶ターゲットは首・頭・末端部!あったか小物活用で防寒効果UP!

  • 首・手首・足首をガードすれば暖かさ倍増!ネックウォーマー、バラクラバ等、小物は着脱しやすく温度調節が楽。
  • 手足の末端は一番凍傷になりやすい!
    暖かいインソールや、インナー手袋の活用を!
  • 特に低温・強風時は肌の露出は出来るだけ減らす。手は、基本的には「素手にならない」!
    あっという間に冷えて凍傷につながるうえ、皮膚が金属製のものに張り付くこともあるので注意を!

⓷食べ物、飲み物を工夫して、体幹を暖めよう!

  • 温かいものは体を暖める即効薬!保温瓶(テルモス)は個人装備。フリーズドライのスープやミニヌードルも(食事兼飲み物に)。
  • 行動食(行動中に摂るもの)は凍らないものを!(条件によっては、おにぎりで釘が打てるくらい凍ります…)

⓸普段からのトレーニングも大事!

  • 寒さには「慣れ」も大事。普段から少し薄着に!(風邪をひかない程度に…)
  • 究極?ですが・・・脂肪を減らして筋肉量を増やすのも効果的!
    雪山の体力維持のためにも、普段からトレーニングを!

冬山を楽しむには、寒さや雪に対する十分な装備、技術、体力が必要です。

初心者の皆さんは経験者と一緒に、安全に白銀の山を楽しみましょう!

 

山岳総合センターyou-tubeQRコードYouTubeチャンネル始めました!
長野県山岳総合センター

山岳総合センターHPQRコード長野県山岳総合センター
ホームページ

長野県山岳総合センター
住所:大町市大町8056-1
電話:0261-22-2773

お問い合わせ

長野県警察本部地域部地域課
電話:026-233-0110(代表)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?