ホーム > 山岳情報 > 戸隠連峰

更新日:2020年3月31日

ここから本文です。

戸隠連峰

積雪・雪庇の状況

(積雪)

隠連峰の登山道約1m、沢筋約1.5m。
(例年より少なめ)

(雪庇)

隠側へ大きく張り出すので、崩壊、踏み抜きに注意。

雪崩の危険箇所

隠山方睨~百間長屋
不動~大洞沢~戸隠牧場(特に大洞沢は要注意)

滑落の危険箇所

根や稜線上のルートは、雪上スリップによる滑落の危険性が高い。

登山相談所

年開設

野市役所北部産業振興事務所(026-254-2324)

その他

  • 例年4~5月は雪山、6月上旬まで残雪が残る。
  • 残雪期は戸隠山稜線・大洞沢はルートを見失いやすいので注意。
    岩と雪氷のミックスになるので、岩場は特に注意。
  • 大洞沢はスノードームの踏み抜きに注意。
  • 一不動には避難小屋があり。
  • 戸隠連峰は、岩質がもろく、大きな崩落も発生している。
    西岳方面の登山道は荒れている所もあるので十分な注意が必要。

交通機関

  • 長野駅~戸隠キャンプ場(アルピコ交通長野営業所026-254-6000

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)