ホーム > 山岳情報 > 平成30年冬山情報

更新日:2018年12月27日

ここから本文です。

平成30年冬山情報

 

30冬山情報

平成30年冬山情報(PDF:11,224KB)

長野県警察岳安全対策課

長野県からのお知らせ(ふるさと信州寄付金)(PDF:398KB)

活火山とは

火山噴火予知連絡会は、活火山を「おおむね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴火活動のある火山を定義しています。
本には、110の活火山(平成25年3月現在)があり、そのうち長野県内及び近隣には10の活火山があります。

  • 長野県内の火山
    浅間山、御嶽山、焼岳、乗鞍岳、アカンダナ山、横岳
  • 近隣の火山
    草津白根山、新潟焼山、妙高山、弥陀ヶ原
  • 冬山の遭難事例
    (平成29年12月~平成30年3月)
  • 冬山で遭難しないために
  • 山域別冬山遭難発生状況
  • 天気概況

  • 山岳情報
    • 槍・穂高連峰
    • 後立山連峰
    • 中央アルプス
    • 南アルプス
    • 八ヶ岳連峰
    • 戸隠連峰、志賀高原
    • 菅平・湯の丸高原、浅間連峰
    • 御嶽山、奥秩父

何もかも凍りつくような厳寒の冬山、そこには登山者のみが味わえる絶景が広がっています。しかし、吹雪や寒冷、雪崩など、非常に厳しい自然条件下での登山となることから、冬山に挑戦する登山者は、それらを克服できる強靱な体力と確実かつ高度な技術・知識、経験と的確な判断力が必要となります。

昨年の冬山シーズン中(平成29年12月から本年3月)は40件の遭難が発生し、遭難者55名のうち11名が命を落としています。登山をされる方は、事前に、必ず体力トレーニングを行うとともに、ピッケル・アイゼンを使用した歩行訓練を行ってください。

また、自分の体力・技術・経験に応じた山を選ぶとともに、天候や積雪の状況などの情報を必ず確認して、計画段階から厳しい冬山に対応できる装備を整え、余裕のある日程で引き返す勇気を持ち、安全な登山に心がけてください。

平成30年12月

30冬山

編集野県警察本部地域部山岳安全対策課
長野県警察岳遭難救助隊

発行野県山岳遭難防止対策協会
(長野県観光部山岳高原観光課)

山岳情報の問い合わせは

1野県警察ホームページ
http://www.pref.nagano.lg.jp/police/

2岳情報電話(平日8時30分~17時15分)
026)235-3611
野県警察本部山岳安全対策課山岳遭難救助隊

登山安全条例(登山計画書の提出など)について

野県観光部山岳高原観光課(平日8時30分~17時15分)
(026)235-7251

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)