ホーム > 安心・安全 > 子供と女性の安全 > チカンの被害にあわないために

更新日:2018年10月24日

ここから本文です。

チカンの被害にあわないために

チカン被害防止の心得チカンの被害にあわないために。

列車内でチカンにあわないための工夫

被害に遭いやすい場所の乗車を避ける

まる

  • 友達同士でまとまる
  • すいてる時は、他の女性客の近く
  • 車掌の近く
  • 見通しのきく場所
  • 防犯ブザーを持つ

ばつ

  • 乗降口付近
  • 人目につかないすみっこ
  • 車両と車両の連結部分
  • 他の客と離れた位置でのひとり掛け
  • 夜遅い電車に乗る
  • 人目につかない場所での待ち合わせ

防犯ブザーを持ちましょう

防犯ブザーの写真

1,000円程度で町の電気店で売っています。

いざというときの安心、そして、時には「目立つように持つ」ことで犯行を予防できます。

チカンの被害にあったときは

チカンは重大犯罪です。

チカンの被害にあったときは

防犯ブザーを携帯しましょう

  • 「その場を離れる」、「大声で助けを呼ぶこと」が大切!
  • 防犯ブザーを鳴らして周囲の人に助けを求める!
  • 護身術を使って、相手がひるんだ隙に逃げる!
  • 泣き寝入りしないで早く通報して、卑劣な犯人に罪の償いを!
  • 携帯電話で「110番」するか車掌さんに通報を!

被害にあったら、まずはすばやく110番

被害相談窓口

お早めにご相談ください

鉄道警察隊「痴漢等被害相談所」
話:026-226-4358

性犯罪被害ダイヤルサポート110(警察本部)
話:026-234-8110 または「#8110」

地域安全推進室(警察本部)
話:026-233-9110
たは、プッシュ回線の電話、公衆電話、携帯電話、PHSからは「#9110」

チカンの検挙にご協力を!

勇気を出して通報してください。あとは、私たちが引き受けます!

「鉄道警察隊」はあなたの味方です!

泣き寝入りしてはいけません!

お問い合わせ

長野県警察本部地域部地域課
電話:026-233-0110(代表)