ホーム > 大町保健福祉事務所 > 動物 > 犬・猫の取扱い状況

ここから本文です。

更新日:2018年6月19日

大町保健福祉事務所

犬猫の取扱い状況

収容・処分状況(平成20~29年度)

犬の取扱い状況

収容総数

平成23年度から収容数が半減しています。

 

30dogsyuukei1

 

収容される犬をより少なくするためには、飼い犬の終生飼育や繋留の徹底、首輪及び登録証や狂犬病予防注射済票の装着又は飼主がわかるように明示することが重要です。

 

処分数

近年、殺処分が減っています。

迷い犬は元の飼主の元へ還られるよう、その他の犬も(状況によりますが)新しい飼主と巡り合えるよう、ホームページ等の広報活動を行っています。

 

30dog2syuukei2

 

猫の取扱い状況

収容総数

収容される猫(負傷猫を含む)のほとんどは野良猫であり、そのうち9割以上が子猫です。

子猫は、できる限り新しい飼い主と巡り合えるよう、ホームページ等で広報活動を行っています。

30cat1syuukei3

 

処分数

平成25年に「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されたことを受け、大町保健所ではボランティアの方とさらに協力し殺処分0を目指してきました。

望まれない不幸な命を増やさないために、飼い猫はもちろん、「野良猫」に対して餌やりをしている場合でも、不妊・去勢手術を行うことまで、責任を持つよう努めましょう。

30cat2syuukei4

 

犬に関する主な苦情・相談(平成29年度)

犬に関する苦情は、毎年100件前後あり、その内訳は「迷い犬」に関連した相談が大半を占めています。
苦情対応時には、飼育者に対して、飼い犬の首輪と鑑札の装着及びけい留の徹底、適切な飼養方法について指導を行っております。

内容

件数

飼養者不明の犬が徘徊している

16

飼養者が判明している犬が徘徊している

12

犬が家屋・敷地内に侵入して迷惑している

0

咬傷(犬に咬まれた)

3

鳴き声がうるさい

3

不適切な糞尿処理で被害を受けている

0

飼養管理不良の飼主に関する通報

6

犬が遺棄されているという通報

3

飼い犬が行方不明になった

13

飼い犬を手放したい(所有権放棄)

2

飼い犬を譲渡したい

8

犬を譲り受けたい

7

飼養管理方法についての相談

5

徘徊している犬を保護したという通報

9

合計

87※

【※重複あり】

 

猫に関する主な苦情・相談(平成29年度)

猫に関する苦情も、毎年100件前後寄せられています。

猫に自由な生活をさせてあげたいといって放し飼いにしたり、野猫に餌付けをするケースが多く見られ、そこから生まれるトラブルが多くなっています。

苦情対応時には飼育者に対して、猫の室内飼養、不妊・去勢手術の実施等適切な飼養方法について指導を行っております。

内容

件数

野猫で迷惑している

45

飼養者不明の猫が徘徊している

5

飼養者が判明している猫が徘徊している

3

猫が家屋・敷地内に侵入し迷惑している

4

器物破損の被害を受けている

0

不適切な糞尿処理で被害を受けている

14

猫にゴミを荒らされた

0

飼い猫が行方不明になった

16

飼い猫を手放したい(所有権放棄)

2

飼い猫を譲渡したい

6

猫を譲り受けたい

5

死体の処理についての相談

2

徘徊している猫を保護したという通報

3

負傷した猫がいるという通報

6

合計

111※

【※重複あり】

犬及び猫の引取りについて

飼養者からの犬猫の安易な引取りは行っていません。

終生飼養と、不妊・去勢手術等の繁殖制限を実施してくださるようお願い致します。

お問い合わせ

所属課室:長野県大町保健福祉事務所 

長野県大町市大町1058-2

電話番号:0261-23-6528

ファックス番号:0261-23-2266

食品・生活衛生課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?