ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)5月プレスリリース資料 > 信州農ある暮らし農園開設イベント「農ある暮らし実践セミナー」を開催します

ここから本文です。

更新日:2022年5月11日

信州農ある暮らし農園開設イベント「農ある暮らし実践セミナー」を開催します

長野県(農政部)プレスリリース 令和4年(2022年)5月11日

長野県は、遊休農地等を活用した市民農園「信州農ある暮らし農園」の開設支援を始めました。
今回、信州農ある暮らし農園である茅野市の「第2泉市民農園」の開設に合わせ、初めて野菜づくりセミナー等を開催します。

日 時

令和4年5月21日(土曜日) 10時~12時  ※雨天予備日:5月22日(日曜日)

会 場

信州農ある暮らし農園「第2泉市民農園」(茅野市豊平7702-177)

内 容

野菜づくりセミナー

講師:県農ある暮らし相談センター 農ある暮らしアドバイザー 山村 まゆ 

小型農業機械の講習・体験会

講師:ヤンマーアグリジャパン(株)関東甲信越支社の担当の方

参加申込

対象者

農園利用者及び一般参加者

参加費

無料

申込方法(※申込期限5月19日)

農園利用者以外の方は、右の二次元コードからお申し込みください。QRコード
または、農ある暮らし相談センター(電話080-8883-6619)までお願いします。

その他

  • 農園利用者以外の一般参加者の方は、見学がメインとなります。
  • 周辺の駐車スペースの関係から、申込み多数の場合は、参加いただけないことがあります。
  • 新型コロナウイルスの感染状況により、参加を見合わせていただく場合があります。
  • 雨天で翌日(5月22日)に順延する場合は、担当よりご連絡をさし上げます。

主 催

長野県
(協力:楽園信州ちの、茅野市、茅野市農業委員会、ヤンマーアグリジャパン(株)関東甲信越支社)
 

「信州農ある暮らし農園」とは
県は、暮らしの中に農を取り入れる「農ある暮らし」を推進しています。
信州農ある暮らし農園は、地域の利用希望者に加えて、移住・定住施策との連携により、移住者や二地域居住者にも積極的にPRし、多様な方々による農地利用を促進する市民農園の愛称です。この農園では、県が協力し、野菜づくりセミナーや農業機械体験会などを積極的に行います。
 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農政部農村振興課

担当者名:(課長)荒井一哉 (企画幹)城取和茂 (担当)松本由紀

電話番号:026-235-7243

ファックス番号:026-235-7483

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?