ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部活動 > 研修日記 令和2年10月

ここから本文です。

更新日:2020年10月19日

農業大学校

研修日記 令和2年10月

令和2年度10月の研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。
9月へ
研修部ページへ

10月5日 稲刈りと脱穀をしました

 suibunコンバイン説明コンバイン操作1コンバイン操作2脱穀2脱穀3

 今にも雨が降りそうなお天気でしたが、9月23日に刈った「つきあかり」の脱穀と「コシヒカリ」の刈り取りを行いました。
 コンバインに乗っての刈り取り班と脱穀班にわかれ、途中で交代しながら作業を行いました。
 脱穀前に籾の水分を測定したところ、17%程度でした。やや高めの水分なので、育苗ハウスで乾燥させ15%以下まで水分を下げます。
 脱穀がすんだ稲わらは学校の野菜圃場や果樹園のマルチとして活用されます。 
 今年の里親前基礎研修生は将来稲作経営をする者はいないので、コンバインに乗るのはもしかしたら最初で最後かもしれません。担当教授からコンバインの操作を指示してもらいながら水田を何周か刈り取りました。
 お高い農業機械なので、故障させたら大変です。みな慎重に操作して、丁寧に作業をしていました。
 

お問い合わせ

所属課室:長野県農業大学校 

長野県長野市松代町大室3700

電話番号:0267-22-0214

ファックス番号:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?