ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成30年4月

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

農業大学校

研修日記組織・内容平成30年4月

平成30年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。
2月へ
研修部ページへ

4月26日 先進農家現地研修先へ訪問に伺いました。

H300426-1H300426-2H300426-3

 本日、農家で実践を学ぶために行っている先進農家現地研修でお世話になる農家へ、この日は果樹専攻の研修生3名と訪問しました。研修生の就農後の経営品目に応じ、過去、受入れのある農家や、新たに関係機関に依頼し、受け入れて頂ける農家を紹介して頂き、今回、訪問することができました。初対面の研修生は、やや緊張している様子も見られましたが、受け入れて頂ける農家の優しい笑顔に打ち解け、経営内容や技術的なお話しに、質問したり、しっかりメモしていました。来月から、当該研修が始まりますが、受入れ農家はもちろんのこと、地域の方々に、お世話になるかと思いますが、よろしくお願い致します。

4月24日 ブドウ園の鳥害対策を行いました。

H300424-1H300424-2H300424-3

 本日午前、共通実習で研修生5名と、ブドウ園の棚の吊り線を活かして、鳥害対策のネットを張りました。例年、収穫後、片隅にまとめて縛っていたネットをこの時期、引き出すようにしていたのが、今年は、昨年、収穫後の突風で、ネットが破れたため、新たにネットを張り直す作業になりました。少雨の中、たるみがないように少しづつ引っ張りながら行いました。しかし、ブドウの枝、芽、支柱等に引っ掛かったりして遣り難い作業になってしまいましたが、綺麗に張ることができました。これで、鳥害対策は万全です。

4月20日 農業機械利用技術向上研修(SS・脚立)を開催しました。

H300420-1H300420-2H300420-3

 本日、農業機械利用技術向上研修(SS・脚立)を開催し、2名の受講者がありました。お二人は、現在、里親研修中で来年就農する方と、現在、ブドウ栽培をしている方でした。午前は、農作業安全の講義とSSの構造を説明し、午後から操作の実技をしました。今後、SSを使われる際には、安全運転に努めて頂きたいと思います。

4月19日 ブルーベリー園の除草と南京縛りを習得しました。

H300419-1H300419-2H300419-3

 本日午後、共通実習で研修生5名と、フ゛ルーヘ゛リー園の除草をしました。最初にフ゛ルーヘ゛リー栽培の概要を説明後、除草しましたが、前日の降雨で作業もスムーズにできました。作業の途中で南京縛りを覚えてもらいましたが、前職で南京縛りを職業柄行っていた研修生も居て、研修生同士で技術の習得をしていました。研修生の前職は様々ですが、前職の技術を活かせる場面があることを、改めて感じさせてくれた場面でした。

4月18日 モモ・ナシ栽培の講義とSS操作の実技をしました。

H300418-1H300418-2H300418-3

 本日午前、果樹専攻の研修生3名にモモ・ナシ栽培の講義を行いました。生育ステージが早い今年、モモ・ナシの摘蕾の作業を既に行った後での講義となりますが、果樹栽培の基本も含め講義をしました。午後は雨も上がりSSの操作の実技をしました。最初に農作業安全、SSの構造等の説明後、キャビン付きのSSと、古いSSの2台を使って操作の実技をしましたが、オートマチックに慣れている研修生は、古いSSの操作には苦慮していましたが、繰り返すうちにスムーズな運転になっていました。

4月12日 モモ・ナシの摘蕾作業をしました。

H300417-1H300417-2H300417-3

 本日午前、共通実習で研修生5名でモモの摘蕾作業をしました。ほぼ摘蕾適期に行うことができました。最初に摘蕾の目的、作業仕方と三脚の安全な使い方を学んで頂いた後、作業をしてもらいました。午後は、果樹専攻の研修生3名でナシの摘蕾作業を行いましたが、花柄の折れる音が遣り甲斐を感じるとのことでした。モモ、ナシの花芽の違いや、摘蕾でも作業方法の違い等を理解して頂けたことと思います。研修生に本日の作業の感想をお聞きしましたが、就農時を見据え素早く作業を行えるようにしていかなければと言った心強い発言がありました。

4月5日 里親基礎研修開講式を行いました。

H300405-1H300405-2H300405-3

  本日、本年度の新規就農里親前基礎研修生の開講式を行いました。今年の研修生は5名で希望品目は、野菜・花き2名、果樹3名です。 当該研修では1年間、本校の施設・ほ場で講義・実習を通じ農業の基礎や、自己管理ほ場での栽培や販売の実践、農家での先進的な経営を学び、就農へのステップを踏んでいくことになります。今年は例年に比べ少数ですが、出身や経験等様々な皆さんが、自身の就農計画をどのように組み立てていかれるのかが楽しみです。 午後には、水田、畑作、果樹、野菜、花きのほ場、ハウス、自己管理ほ場、機械格納庫等を巡回しました。研修生の皆さんは、果樹品目や自己管理するハウス等に関心を示していました。ほ場や施設が広域に渡っているため、慣れるまでに時間を要すると思いますが、早く慣れ、じっくりと研修に取り組んで頂きたいと思います。1年後の研修生の姿が楽しみです。ファイト。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県農業大学校 

長野県長野市松代町大室3700

電話番号:0267-22-0214

ファックス番号:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?