ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成29年4月

ここから本文です。

更新日:2017年4月26日

農業大学校

研修日記組織・内容平成29年4月

平成29年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

3月へ
研修部ページへ

4月25日 刈払機の研修をしました。

H290425-4H290425-5H290425-6

 本日、基礎研修生13名で刈払機の操作実習を行いました。刈払機は軽量で扱いやすい作業機ですが、不注意による事故も多く、作業安全についての講義やビデオでの学習後、エンジンの始動や安全で効率的な刈払の方法の説明を行い、実際に刈払機を使い果樹園地で草刈りを行いました。研修生の皆さんは短い時間ではありましたが操作に慣れ、刈取り後も綺麗に刈り取ることができるようになりました。今後、草刈作業をする機会も多くなりますが、安全使用に十分心掛けて頂きたいです。

4月25日 ブルーベリーの除草等をしました。

H290425-1H290425-2H290425-3

 本日午前、共通実習で研修生13名でブルーベリー園の除草をしました。最初にブルーベリーの栽培の説明をしてから除草をしてもらいました。草が大分発生していたものの、大勢での作業で見事に綺麗になりました。終了後は、軽トラックにワラを積んで、南京結びの仕方を全員に覚えてもらいました。

4月21日 農業機械利用技術向上研修(SS)を行いました。

H290421-1H290421-2H290421-3

 本日、農業機械利用技術向上研修のスピードスプレヤー(SS)研修に5名の受講者と、随行の佐久農業改良普及センター2名で行いました。最初に、農作業安全と、SSの取扱いの講義を行い、その後、本校のSS2台(内1台はキャビン付き)を使って、メンテナンスの説明を行いました。午後は、2台のSSを使って走行、散布の実技をし、最後に三脚の安全な取扱いを説明し終了しました。感想では、2台に乗車出来て良かった。自身で出来る限りメンテナンスをしていきたい。SSの機能を十分活かしたい等の意見がありました。

4月20~21日 農ある暮らし研修(第1回)を開催しました。

(1日目)

H290420-4H290420-5H290420-6

(2日目)

H290421-4H290421-5H290421-6

 本日から2日間の日程で農ある暮らし研修(第1回)を開催しました。桜が咲き誇る中、今年度も農業に関心があり、将来長野県への移住を希望する方や、既に移住した方等、県内外から12名の参加者がありました。開講式の後、長野県農業の紹介やモモの摘蕾作業を行いました。午後は農業機械体験として、2班に分かれて、刈払機と小型管理機の基本的な使用方法を学び操作をしました。初めて触る機械に最初は及び腰でしたが、上手に操作していました。その後、希望者の就農相談を行いました。2日目午前は、ジャガイモの植え付け作業を行いました。水糸を張ったところを目印に、鍬ですじを掘り、ジャガイモを30cm間隔に置き盛り土をしました。初めての体験に「楽しい」「もっとやりたい」「収穫が待ち遠しい」との声が聞こえました。午後は、軽井沢町へIターン移住して、大豆栽培と豆腐加工をしている森雄大さんの所に見学に伺いました。大豆栽培は旦那さんが、豆腐加工は奥さんが中心となり、加工施設を開設して4年になるとのことで、森さんご夫婦の行動力に驚かされっぱなしでした。また、商品の中では「飲む豆腐」に関心が高く、皆さんも味わっていました。コクがあり美味しいとの感想でした。

4月20日 モモ、ナシの摘蕾作業を行いました。

H290420-1H290420-2H290420-3

 本日午後、共通実習で研修生13名でモモ、ナシの摘蕾作業を行いました。最初に三脚の取扱と、モモの摘蕾方法を、昨日の経験から果樹専攻の研修生に説明してもらいましたが、昨日の経験でも上手に説明してもらいました。今回、出来る限り、樹に成っているモモをイメージしてもらうために、ソフトボールを使って説明しましたが、分かり易かったようです。その後、ナシの摘蕾作業を行いましたが、樹種によって摘蕾の仕方が違うことを実感して頂けたと思います。感想では、楽しかった。果樹の作業は大変等の意見がありました。

4月19日 モモ摘蕾作業を行いました。

H290419-4H290419-5H290419-6

 本日、果樹専攻の研修生6名とモモの摘蕾作業を行いました。最初に三脚の取扱の説明を行い、その後、摘蕾の仕方を実技し、作業を行ってもらいました。晴天には恵まれたものの、強風で三脚での作業は大変でしたが怪我もなく終了しました。感想では楽しかったことや、摘蕾し過ぎないように考えてしまったとのことでした。

4月19日 野菜の畝立て、マルチ張り、支柱立を行いました。

H290419-1H290419-2H290419-3

 本日、野菜・花きコースの研修生7名で野菜や花き栽培での基本である畝立て、マルチ張り、トマトやキュウリ等の支柱立を実習ハウス、露地・ハウス内で行いました。初めての作業ということもあり、慣れるまで時間がかかりましたが、これから学校での実習、自己管理ほ場で活かせる実習になったと思います。

4月18日 水稲のは種準備を行いました。

 H290418-1H290418-2H290411-3

 本日、水稲のは種準備を研修生全員で行いました。4月28日に行う種まきのための播種機の設置、取扱い方法、育苗箱や培土準備、出芽器の設置を行いました。

4月14日 野菜・花きの播種とジャガイモの定植をしました。

H290414-4H290414-5H290414-6

 本日午前、野菜・花き専攻の研修生7名と野菜と花の播種を行いました。また、午後は共通実習で研修生13名でジャガイモの定植を行いました。

4月14日 モモ、ナシの栽培講義を行いました。

H290414-1H290414-2H290414-3

  本日午前、果樹専攻の研修生6名と、モモ・ナシの栽培の講義を行いました。生育が早かった昨年はこの時期、摘蕾作業を行ったものの、さすがに今年はモモの摘蕾には早いことから、モモとナシの講義を行い、その後、圃場での生育確認をしました。

4月13日 研修生自己ほ場を決定しました。

H290413-1H290413-2H290413-3

 今年度、里親前基礎研修生13名が管理するハウス、露地圃場、樹を決めました。

4月11日 小型機械操作(管理機)研修を行いました。

H290411-1H290411-2H290411-3

 本日、小型機械操作研修に2名の受講者があり実施しました。午前中は、基本的な使用方法や安全作業方法についての講義の後、操作方法や簡単な整備方法を機械を見ながら行いました。午後は雨が降ったためハウス内で、3種類の管理機を実際に使いながらハウス内で作業実習を行いました。実習を繰り返すうちに旋回や耕起方法等機械操作に慣れてた様子でした。春になり農作業が本格的に始まっていますが、管理機による事故が多いので、安全には十分注意して作業して頂きたいと思います

 

お問い合わせ

所属課室:長野県農業大学校 

長野県長野市松代町大室3700

電話番号:0267-22-0214

ファックス番号:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?