ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成29年1月

ここから本文です。

更新日:2017年2月9日

農業大学校

研修日記組織・内容平成29年1月

平成28年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

12月へ
研修部ページへ

1月27~28日 就農体験研修(第6回)を開催しました。

(1日目)

H290127-1H290127-2H290127-3

(2日目)

H290128-1H290128-2H290128-3

 今年度最後の就農体験研修(第6回)を開催し、17名の参加者がありました。県外の参加者は13名と多い中、最も寒い時期の研修で、長野県の自然の環境を実感できたことと思います。初日は、まず「農業の基礎知識について」の講義で、農業、農家と言った基本的なことや、野菜栽培の基本的なこと等を学びました。午後は「小型管理機や刈払機の使い方と整備」の実習を行いました。ハウス内で、刈払機のエンジン始動や整備及び、3種類の異なる小型管理機を操作し、実際にハウス内を起しました。2日目の午前は、リンゴの整枝せん定を行いました。職員の説明やデモンストレーションの後、普通樹の「ふじ」のせん定をしました。樹や枝の状態でなかなか教科書どおりにはいかず悪戦苦闘でした。また、出来る限り空間を確保するため、誘引による整枝が大切だということ等、難しい整枝せん定の一端を感じることができたと思います。午後は、小諸市の食ママ倶楽部代表の高地清美さんを講師に迎え、「改めて食について考える」と題しての食育セミナーを受けました。寒い時期に体を温めてくれるもの、暑い時期に体を冷やしてくれるもの等季節毎の体の整え方のお話をお聞きしました。その後は、発芽玄米の食べ比べや、「どうさん汁」を試食しました。農業をする上で、体力は重要なファクターですので、健康について認識を改めて持たれたことと思います。

1月26日 農業技術・経営スキルアップ研修(農薬・病害虫管理)を開催しました。

H290126-1H290126-2H290126-3

 本日、農業技術・経営スキルアップ研修(農薬・病害虫管理)を開催し、県下各地から17名が参加されました。県農業技術課近藤福主任専門技術員が講師となり講義をして頂きましたが、出席者の要望で「病害虫の基礎」の講義を最初に行った後に、予定していた「薬剤抵抗性対策を踏まえた病害虫防除」の講義をして頂きました。その後、顕微鏡を使って病害虫を観察してもらいましたが、ルーペを常に携帯するきっかけになればと思いました。

1月24日 りんご新ワイ化栽培の圃場を視察しました。

H290124-1H290124-2H290124-3

 本日、果樹専攻の研修生と、宮嶋佐一氏の圃場に視察に伺いました。同氏の圃場には果樹試や篤農家が仕立ててた樹があるので、それぞれの特徴点を伺うと共に、同氏が昨年視察をされた青森県の状況等貴重なお話を伺うことができ研修生のみならず、職員も大変勉強させて頂きました。

1月19~20日 農業技術・経営スキルアップ研修(経営マネシ゛メント研修)を開催しました。

(1日目)

H290119-1H290119-2H290119-3

(2日目)

H290120-1H290120-2H290120-3

 本日から2日間の日程で農業技術・経営スキルアップ研修(経営マネジメント研修)を開催しました。参加者は東信を中心に県下各地から16名が参加されました。初日は、参加者目線の就農談と題し、小諸市 福井英行氏、佐久市 勝野友裕・七奈ご夫婦、上田市 坂上周男・亜子ご夫婦から講演して頂きました。講演では製品の試飲や、ワークショップの手法を取り入れた内容もあり、有意義な研修内容になりました。2日目午前は税務について、税理士 上田市 清水重博氏からポイントを分かり易く解説して頂きました。参加者からの質問も多く、税の知識をより身に付けていかなければと感じられたようです。午後は、長野県連合青果(株)唐木裕史氏の講演と、「川上・川中・川下 三方良しの取り組みを考える」と題し、ディスカッションを行いました。ディスカッションでは3班に分かれ、各班に長野県連合青果(株)の職員の皆さんに入って頂きました。参加者の皆さんの発言も多く、まとめられた模造紙には、ポスト・イットがたくさん貼り付けられていました。最後は代表者に発表して頂きましたが、ディスカッションを通じ、発言に共鳴や気付きも多く、時間を忘れる一時であったようです。

1月11日 果樹栽培の講義とトレリス・棚整備の研修を行いました。

H290111-1H290111-2H290111-3

 本日、午前は果樹専攻の研修生に、昨年の果樹栽培についての講義を行いました。午後は、研修生の皆さんが、就農の際、トレリスや棚の整備を計画していることから、構築物に対する知識を得るための研修を初めて行いました。講師には、東御市 正村俊一氏にお願いしました。同氏は、3年前、本校のブドウ、ナシ棚の全面改修を職員で行った際に、技術指導を頂いた方です。講義の後、リンゴ園でトレリスの構造の説明、半鋼線の張り方、、アンカーの打ち込み方等を器具を用いて説明頂きました。その後、ブドウ園でも同様に説明を頂きました。講義終了後も、研修生の相談に応じて頂きました。

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県農業大学校 

長野県長野市松代町大室3700

電話番号:0267-22-0214

ファックス番号:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?