ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成27年7月

ここから本文です。

更新日:2015年9月8日

農業大学校

研修日記組織・内容平成27年7月

平成27年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

6月へ
研修部ページへ

7月29日 果樹試験場の視察と先輩新規就農者等から話を伺いました。

H270729-1H270729-2H270729-3

 本日、果樹専攻の研修生3名と長野県果樹試験場の見学及び、上田市の(有)信州うえだファームとIターンで上田市富士山に新規就農された坂上周男さんから話を伺いました。試験場では小川専門技術員の案内で話を伺いました。リンゴの新わい化栽培を考えている研修生は、かん水の必要性を認識でき、場内で試験しているソーラー電源による拍動型のかん水方法は勉強になったようです。(有)信州うえだファームの果樹園地継承事業の取り組みは、研修生の就農先でも行われていれば良いのだがとの感想でした。坂上周男さんからは先輩就農者として里親研修に臨む心構え等、来年からの里親研修に不安を抱いている研修生にとっては有意義な話を伺え、園も見学させて頂き大変勉強になったとのことです。

7月23・24日 農ある暮らし入門研修(第4回)を開催しました。

(1日目)

H270723-1H270723-2H270723-3

(2日目)

H270724-1H270724-2H270724-3

 本日から2日間の日程で、農ある暮らし入門研修(第4回)を開催し、24名の参加がありました。午前は、前日の降雨で、圃場がぬかっているためソバの播種が出来なく、ソバ栽培の講義を行いました。午後は、「鳥獣害の実態と対策について」研修を受講しました。県内でも、シカ・イノシシ・タヌキ・ハクビシン等による農作物の被害は増えていることを知って頂き、特徴と対策方法について研修しました。 2日目の午前の最初は、ジャガイモの収穫を行いました。土が湿っていたので、鍬を使って収穫したので大変だったと思います。その後、ブルーベリーの収穫・荷造りと、モモの試食をしました。午後は、東御市で就農2年目の飯島さん(ワインブドウ)と、昨年の農ある暮らし入門研修を修了された鶴見さんの所を見学させて頂きました。鶴見さんは、ちょうど1年前に東御市に移住されたのですが、前職を生かして庭をきれいに管理されており素晴らしかったです。

7月22日 モモの収穫・選別と鳥害対策をしました。

H270722-1H270722-2H270722-3

 本日、果樹専攻の研修生でモモ「日川白鳳」の収穫選別、「加納岩白桃」のシート敷き及びモモとナシの鳥害対策をしました。「日川白鳳」は昨年より5日は早い収穫で核割れが多かったものの研修生の食味の結果は、美味しいとのことでした。研修生に選別をしてもらい直売所に出荷しました。その後、モモとナシの鳥害対策として竹を使ってテグスを張りました。

7月15日 ブドウの笠かけをしました。

 H270715-1H270715-2H270715-3

 本日、果樹専攻の研修生でブドウの笠かけをしました。ブドウの幼木(ハニーシードレス、シャインマスカット、クイーンニーナ)が拡大し、ほぼ棚面をカバーする状況となり袋かけと笠かけの作業も大変になってきていることや、降雨の心配もあり袋かけは事前に職員が行い、笠かけをしてもらいました。研修生3名で1日かかりました。

7月6日 ブドウ摘粒(有核)を行いました。

H270706-4H270706-5H270706-6

 本日午後、研修生全員(10名)で有核巨峰の摘粒を行いました。当園では有核巨峰は1本だけです。最初に説明、実演しましたが、有核果、無核果の見分け方を理解した上で行ってもらいました。花穂整形時では、ブドウになることが想像できなかったのが、今回、ブドウの形になっていることに皆さん驚かれていました。今年の受精状況はおおむね良好です。小雨の中での作業となりましたが、丁寧に摘粒をしてもらいました。

7月7~9日 農業関連企業等農業研修が開催されました。

H270707-1H270707-2H270707-3

 本日から「長野県青果卸売市場連合」による研修会が開催されました。毎年、実施されていますが、今年も卸売市場の若手社員5名が来校されました。初日に「長野県農業の現状」と題し講演や、最終日の午前は農大圃場でハウス内での除草やりんごの見直し摘果を実習されました。体には自信のある方々ですが降雨の中、慣れない作業で疲れたことと思います。

7月4日 親子農業体験研修(第3回)を開催しました。

H270704-1H270704-2H270704-3

 親子農業体験研修(第3回)を7月4日(土曜日)に行い20名(8家族)の参加がありました。昨日からの降雨と朝方の小雨で予定していた研修内容ができるか不安でしたが、開催前には雨も上がり予定していた作業ができました。最初は、5月9日(第1回)に定植したジャガイモが開花しているので雄しべや、雌しべ等について勉強しました。その後、枝豆、トウモロコシの定植をしましたが、皆さん手際よく行ってくれたので予定より早く終了できました。その後は、キュウリ、チャイブの収穫とブルーベリーの収穫体験をしました。ブルーベリーはその場で食しながら収穫しましたが美味しいとのことでした。本日の夕食で、農大での話題とキュウリ、ブルーベリーが食卓を飾っていることと思います。次回は8月8日(土曜日)に開催します。

7月2日 豆畑の除草をしました。

H270702-1H270702-2

 本日、研修生全員で6月11日~13日に種まきをした大豆・小豆の除草をしました。大豆は、種まき後に除草剤を散布したので発生している草は少なめでした。残草の種類は、除草剤(発芽抑制タイプ)が効き難いイチビ・オオブタクサ・イヌタデなどでした。40アールの広い畑のうね間を歩きながら一本ずつ抜き取りしました。小豆は、除草剤を使用しないためメヒシバ・オヒシバ・アカザなどの草がびっしりと生えていました。うね間を草かきなどを利用し雑草をかきとったり、豆の近くの雑草は手でむしったりして綺麗にすることができました。今後は、7月下旬に管理機で中耕培土を行う予定です。

7月1日 ブドウの摘粒をしました。

H270701-1H270701-3H270701-2

 本日、果樹専攻の研修生でブドウ(サニールージュ・ハニーシードレス)の摘粒をしました。午前は雨と風の悪条件の下でしたが、いずれも軸長8cmで内向きの粒等を除去することで摘粒作業をしてもらいました。

お問い合わせ

所属課室:長野県農業大学校 

長野県長野市松代町大室3700

電話番号:0267-22-0214

ファックス番号:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?