ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成26年2月

ここから本文です。

更新日:2015年1月6日

農業大学校

研修日記組織・内容平成26年2月

平成25年度研修日記

農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
研修部に興味のある方は是非ご覧ください。

1月へ
研修部ページへ

2月27日 リンゴ園へ融雪剤を散布しました

 H26227-5H260227-1H26227-3

 2月14~15日に1m以上降った雪がだんだん減ってはきたのですが、まだ畑の深いところでは50cmほど残っています。去る18日には、リンゴ新わい化樹の枝の雪折れを防ぐために、松代キャンパスからも応援してもらい、枝の掘り出しを行いました。今日は、ようやくリンゴ園を歩けるようになってきたので、「新わい化」の樹と剪定をこれから行う「ふじ」のところへ、融雪剤として「竹チップ」を撒きました。リンゴの新わい化の樹は、雪が多いとネズミに根を食べられやすいと言われています。ようやく温度も上がってきたので、早く雪解けが進めばいいと思います。
 

2月25~26日 ハウスの解体を行いました

H26226-01H26226-02H26226-03

先日の大雪で研修部のパイプハウスもかなり倒壊してしまい、25~26日は基礎研修生とハウスの解体を行いました。まだ、屋根のビニールの部分に雪がかなり残っていたので、最初にその雪をどけてビニールを外しました。それからサイドのビニールを外し、パイプが曲がっており作業がやりづらい部分もありましたが金具をとりました。最後にアーチパイプを抜いて、1日半かかって1棟のハウスの解体がようやく終わりました。今後も計画的にハウス解体を行い、そのあとに松代キャンパスで未利用ハウスを移築していく予定です。
 

2月25日 基礎研修生に接ぎ木の研修を行いました

H25225-01H26226-02

今日は、大雪で延期になっていた基礎研修生の研修を実施し、午前中は主に野菜の接ぎ木についての研修を行いました。キュウリ・ナス・トマト等の果菜類は、病害虫の被害軽減のために接ぎ木を利用している場合が多いです。接ぎ木成否のカギは、接ぎ木作業そのものもさることながら、接ぎ木後の管理がポイントです。研修では、接ぎ木作業のポイントやその後の管理等を学び、実際に呼び接ぎの実習を行いました。接ぎ木苗を購入すると高いので、研修生の皆さんも接ぎ木を自分で行い経費を削減するようにしてほしいと思います。

 

2月10日 施設やほ場整備が急ピッチで進んでいます

H260210-1H260210-2

2月8日(土曜日)小諸研修部のキャンパスも25cmほど降雪があり、一面、白銀の世界となりました。この雪の中、キャンパス内では、26年度新設の農学部総合農学科実践経営者コースの学生が利用する施設やほ場の整備が3月完成に向け、急ピッチで進んでいます。
写真左の左側は管理実習棟(機械格納、籾乾燥等)・右側は水稲と野菜の育苗温室の工事現場です。写真右は、露地野菜ほ場の客土工事の現場です。

 

2月6日 農業の6次産業化について研修しました

H260206-21H260206-32

本日の午後は、小諸市でリンゴとプルーンを栽培しジャムやジュース加工に取り組んでいる福井さん(Iターン就農)に、取り組み状況について話してもらいました。福井さんは三重県のご出身で、平成19年に里親前基礎研修、翌年里親研修をして小諸市で就農した先輩です。6次産業化には2年前から本格的に取り組み、国の「6次産業化法」に基づく総合化事業を活用して、ロゴマークの作製、新商品の開発、ホームページの開設などを行ってきました。加工製品は、ジャム、ジュースに加えて、ドレッシング、ドライフルーツがあり、販路開発にも積極的に取り組んでいるとのことです。基礎研修生も、加工品の製作・販売を考えている方がおり参考になった様子でした。

 2月6日 野菜育苗について研修しました

 H260206-11H260206-13H260206-77

 本日の午前中は、佐久市布施で野菜苗の生産とキュウリを栽培している佐藤さんのところに基礎研修生8名と職員で見学に行きました。佐藤さんは里親農家として研修生を受け入れて独立させており、また農業大学校の基礎研修生の農家研修でもご指導いただいております。春先は、ナスやトマト等の果菜類を中心に野菜苗を生産し、その後キュウリと米を栽培しております。苗生産には特に土づくりが大切とのことで、2年積んでおいた腐葉土と畑の土を半分づつ混ぜて作っており、腐葉土を積んである畑と土を作っているところを見学しました。また、農業に取り組む心構えや農業機械の手に入れ方等熱心にご指導いただきました。 

 2月5日 基礎研修生に農業簿記についての研修を行いました

H260205-1H260205-2

今回の簿記研修会は、1月の研修を受けて、例題を使って仕訳を行い精算表まで作りました。個人差があり、仕訳で迷ってしまう方もいましたが、全員の方が清算表を作成することができました。農業簿記は、実際につけてみないと覚えないと思いますので、頑張って取り組んでいただきたいと思います。 

 2月1日 フラワーアレンジの研修会を開催しました

H260201-21H260201-22H260201-23

 本日は、講師をフラワーテ゛サ゛イナーの金沢さんに依頼し、春の花を使って「フラワーアレンジ研修会」を実施しました。小諸市周辺の一般の方とアグリターン研修の方24名の方の参加がありました。講師のアレンジフラワーの基本についての説明の後、今回はボックスアレンジということで、箱の中に1人1個づつアレンジの実演を行いました。アルストロメリア、ラナンキュラス、カーネーション等各自好みの花を選び、箱も自分の気に入った箱を選び、思い思いに作成しました。お子さんの参加もあり、みなさん楽しみながら作成していました。参加者から、またやりたいという意見があったので、秋頃また開催したいと思っております。

お問い合わせ

所属課室:長野県農業大学校 

長野県長野市松代町大室3700

電話番号:0267-22-0214

ファックス番号:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?