ホーム > 長野県農業大学校 > 研修部 > 研修部活動 > 研修日記組織・内容 平成25年11月

ここから本文です。

更新日:2014年11月16日

農業大学校

研修日記組織・内容 平成25年11月

平成25年度 研修日記

 農業大学校研修部ってどんなことやってるの?
 そんなあなたの疑問にお答えすべく、実際の研修模様を日記にしてお伝えします!
 研修部に興味のある方は是非ご覧ください。
  
 10月へ
   研修部ページへ 

11月29日 漬け物加工研修を実施しました

 H251129-1H251129-2H251129-3

 本日は、基礎研修生を対象に佐久市浅科の寺尾瑠璃子氏へ講師を依頼し、漬け物研修会を開催しました。内容は、信州の初冬の風物詩である「野沢菜漬け」と冬の保存食として無くてはならない存在である「大根漬け」の研修を行いました。漬け物加工は、大半の研修生は初めてであるとのことで、準備品から技術まで詳しく講師から教わりました。本日実習をした漬け物は、野沢菜漬け、たくわん漬け、酢漬け大根、大根しょうゆ漬けの4種類で、唐辛子やショウガ等を入れたり、塩の量を変えたりし、思い思いの漬け方をしました。今回漬けた野沢菜漬けと大根漬けは、基礎研修生が各自部屋で美味しく食べられる漬物になる頃まで重しの調整や温度管理を行います。

11月27~28日 フォークリフト作業講習を受講しました

 H251128-1H251128-2

 今回は、先週行った車両系建設機械運転技能講習に引き続き、農大研修部での出張講習を(社)中部労働技能教習センターへ依頼し、受講希望をした基礎研修生等9名を対象に開催しました。フォークリフトは、業務上使用することによる労災事故を防ぐため、構内や私有地内で走行したり、荷役をする人に対して労働安全衛生法で規定されている運転技能講習の修了が義務付けられています。1日目は、座学による講習を受け、安全操作や法令について学びました。2日目の講習は、実践的な作業を想定した安全確認、運転の仕方、物の持ち上げ方、置き方を中心に実技を行いました。フォークリフトは、前輪で駆動し後輪で旋回するため、自動車の運転の感覚とはかなり異なり慣れるまで大変でしたが、徐々に操作に慣れ、軽快に操作をしていました。講習の最後には、実技試験が行われ、受講した研修生全員が合格し、無事修了証が交付されました。

 

11月25日 チェンソー作業講習を受講しました

 H251125-1H251125-2H251125-3

 今回の研修は、佐久穂町の林材業安全管理指導専門家の市川和歳氏に講師を依頼し、チェーンソーのメンテナンス方法と基本操作についての内容で研修を行いました。メンテナンスでは、定期的な清掃方法や断面が円形で棒状の「丸やすり」を使用した刃の研ぎ方(目立て)を中心に学びました。その後、操作方法を学んだ後、基礎研修生が「受け口、追い口、つる」の働きを教わり、実際に赤松をチェーンソーで伐倒しました。木を伐採するのは大変危険ですので、安全には十分に注意して作業を行っていただきたいと思います。

 

11月22日 実習でリンゴを収穫しました

 H251122-1H251122-2H251122-3

 今日は、「いいふじ」と読めることから「長野県リンゴの日」になっており、午後の実習で「ふじ」の収穫を行いました。今年はやや小玉傾向でしたが、着色もよく、真っ赤に色づいたふじを収穫しました。収穫したふじは、選果場で重さや外観により等級を分けて冷蔵庫へ貯蔵しました。ふじの収穫が終われば、今年のリンゴの農作業は一段落となります。

11月22日 旧牛舎の片づけを行いました

 H251122-11H251122-12

 今日の午前中は、旧牛舎の片づけを行いました。来年度、農業大学校に新コースが設立されるのにあたり、管理実習棟を牛舎のある場所に建設するため、旧牛舎の片づけを行いました。職員の説明の後、山羊の餌に使っている乾燥の運び出し等を全員で協力して行いました。今月末から解体工事が始まる予定で、農場内は騒がしくなりますがご協力お願いします。

 11月20~21日 車輌系建設機械技能講習を受講しました

 H251120-1H251121-2

 20~21日は、技能講習の受講を希望した基礎研修生等8名を対象に(社)中部労働技能教習センターによる出張講習を行いました。車両系建設機械運転技能講習とは、機体重量が3t以上の整地・運搬・積み込み用及び掘削用の重機でブルトーザー、油圧ショベル、トレンチャー等の運転の業務に従事するために必要な講習です。1日目の講習は、丸一日学科についての講習を行い、作業に関する装置の構造、取り扱い及び作業の方法に関する知識、運転に必要な一般的事項に関する知識、関係法令等を学びました。2日目は、油圧ショベル(バックホー)の実技を主に行い、基本操作を中心に基本施工及び応用施工方法を1台の油圧ショベルを交代で個別指導を受けました。講習の最後には油圧ショベルで1人づつ実技検定を行い、その結果受講者全員が合格しました。将来、農業経営を始める前にほ場が排水不良の場合に改善を行ったり、果樹の成木を改植する際等にこの技能を役立ていただきたいと思います。

11月18日 野沢菜の収穫及び耕耘実習を行いました

 H251118-1H251118-2H251118-3H251118-4

 今日は、2班に分かれて野沢菜の収穫とトラクターによる耕耘実習を行いました。野沢菜は9月の上旬頃にタネまきを行い、霜に数回合わせて軟らかくなってから収穫します。収穫した野沢菜は調整を行い、5キロの束にして地元の直売所へ販売しました。トラクターの耕耘は、職員の説明の後、交替で行いました。残耕(耕してない所)がないように平らに耕すのは、なかなか大変ですが、今日の研修を元に、経験を積んで上手になっていただきたいと思います。

11月15日 ワラ上げを実習で行いました

 H251115-1H251115-2

 今日は、4号田と5号田のワラを田んぼから運びだし、ガラスハウスに運びました(通称:ワラ上げ)。小雨が降るあいにくの天気でしたが、先日、機械でロール状にしたワラを軽トラックに乗せて運びました。ワラは、草対策として畑に敷いたり、畑にすき込んだりと、大変便利なものです。中には水分を含んで重いワラもありましたが、みんなで協力して行い予定より早く終了しました。

11月14日 いよいよ冬が近くなってきました

 H251114-1H251114-2H251114-3

本日は風もなく穏やかな天気で、紅葉がみごとでした。浅間山もうっすらと雪化粧をしてをしていました。浅間山に雪が3回降ると里にも雪が降るといわれており、いよいよ冬が近くなってきました。

11月13日 秋の味覚を楽しみました

 H251113-1H251113-2

本日は、春に山菜について教えていただいた御代田町の市村さんから「秋の味覚を楽しむ」ということで山ゴボウ、クリ等の秋の味覚について、調理法を教えていただきお昼に食べました。田舎に住む楽しみとして、周りにあるものを使い、手をかけて食べることはとても楽しく豊かな生活につながります。春の山菜、今回の秋の味覚と、これからも周りに山菜等あるものに注意しながら豊かな食生活につなげていただければと思います。

11月9日 2013農大研修部収穫祭を開催しました

 H251109-21H251109-22H251109-23

 本日は、小春日和の好天候の中、日頃お世話になっている地域の皆様と交流を図り農大研修部へのご理解をより深めていただくことを目的に、「2013農大研修部収穫祭」を開催し、昨年より多い方にご来場いただき盛大に開催されました。開会式で農業大学校校長から「農業の大切さや楽しさを知っていいただきたい」とのあいさつの後、午前10時から一斉に農産物販売や交流を図りました。主な内容は、ジャガイモや大根、ネギ等の野菜販売、りんごの販売、シクラメンや寄せ植え等の花き販売、コシヒカリやモチ米等のお米販売、小麦粉やソバ粉の販売、新規就農を目指す基礎研修生が自己ほ場で栽培した野菜の販売コーナーを設置し、お目当ての品を購入しようと長蛇の列ができるほどの賑わいでした。 また、「農大小諸キャンパスのいま・むかし」についてのパネル展示の見学、山羊やジャンボカボチャと遊ぶ親子連れ等が見られ、思い思いに収穫祭を楽しんでいました。 大変多くの方にご来場いただき盛大に開催できましたことを職員一同心からお礼を申し上げます。

11月9日 アグリターン農業研修体験コース第8回(2日目)を開催しました

 H251109-11H251109-12H251109-13H251109-14

 2日目は、午前中は農大収穫祭へ参加をしていただき、ある時は販売者、ある時は誘導係、ある時はお客さんということで販売イベント体験をしていただきました。午後は、コース別に分かれて、野菜コースは秋野菜の収穫調整の実習、果樹コースはリンゴの収穫を行いました。実習のあと、野菜コースは修了式を行いました。修了式では、「良い仲間ができたので今後も協力し合ったりしていきたい」という感想が多く聞かれました。お互い連絡先も交換したので、今後も良い繋がりが継続していくといいですね。

11月8日 アグリターン農業研修体験コース第8回(1日目)を開催しました

 H251108-1H251108-2H251108-3

 1日目は、アグリターン農業研修で田植えや脱穀をした餅米を使った「餅つき」と、同じく研修で種蒔きをしたソバを使って「そば打ち」の体験をしました。立科町の中沢さんに講師をお願いして、3升の餅をついて、あんこ、きな粉、大根おろしの3種類のつきたてのお餅を堪能しました。その後1人づつそば打ちを行い、そばは新蕎麦の8割そばで、打ちたてのそばとそば湯を美味しくいただきました。3回続けて打つと上達するという講師のアドバイスがあり、皆さん自宅でソバを打ちたいと張り切っていました。

 続いて、翌日の農大収穫祭の準備をコース毎に行いました。野菜コースは、ダイコンと野沢菜の収穫及び調整を行い、果樹コースは、収穫祭の準備として販売用リンゴの運搬を行いました。実習終了後の夜には、今回で野菜コースは修了となるため、職員を交えて希望者で交流会を行いました。キノコや鍋など美味しくいただき、夜遅くまで盛り上がりました。

11月6日 収穫祭の出荷物の準備が本格的に始まりました

 H251106-1

 農業大学校研修部では、日頃お世話になっている地域の皆様と交流を図り農大研修へのご理解をより深めていただくことを目的に、11月9日に行う「農大研修部収穫祭」の出荷物の準備が本格的に始まりました。基礎研修生が2班に分かれて、ダイコン等の野菜の収穫とリンゴ(早生ふじ・やたか)の収穫を行いました。今日は小春日和でとても暖かく、作業も順調にはかどりました。

11月1日 実習でダイコンの収穫を行いました

 H251101-1H251101-2

本日は、野菜の実習で8月下旬に種まきを行ったダイコンの収穫を行いました。今年は、雨も適度にあり温度も比較的高かったために生育は順調でとてもいいダイコンになりました。収穫したダイコンは水で洗い、地元の直売所へ出荷しました。

お問い合わせ

所属課室:長野県農業大学校 

長野県長野市松代町大室3700

電話番号:0267-22-0214

ファックス番号:0267ー22-0241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?