ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)10月プレスリリース資料 > 中南信地域のねぎほ場において、従来とは異なる系統のネギハモグリバエの発生を確認しました。

ここから本文です。

更新日:2019年10月4日

 中南信地域のねぎほ場において、従来とは異なる系統のネギハモグリバエの発生を確認しました

長野県(農政部)プレスリリース令和元年(2019年)10月4日

 県内で初めて、従来とは異なる系統のネギハモグリバエが確認されましたので、病害虫発生予察特殊報を発表します。

生育初期のねぎが加害されると、葉の奇形や生育遅延などの被害がでます。生産者の皆様は、早期発見と適切な防除をお願いします。

どんな害虫でどんな被害になりますか?

(1) 幼虫がねぎの葉に潜り込んで食害するため、白い筋状に被害が発生します。

(2) 今回見つかった系統は従来の系統と比較すると1葉あたりの寄生頭数が多いため、被害が甚大となり、別系統の被害が進むと葉全体が白くなることがあります。 

(3) 国内ではすでに発生が確認されていますが、県内で確認されたのは初めてです。

(4) この虫が食害した農作物を食べても、健康への影響はありません。

防除対策と注意点について

(1) 県防除基準を参考に、ネギハモグリバエ又はハモグリバエ類に登録のある農薬を散布してください。

(2) 定植や土寄せ作業時に、登録のある農薬のかん注処理や粒剤散布も有効です。

(3) 被害葉や残さは本虫の発生源となるため、ほ場内に放置せず1か所にまとめて積み上げ、ビニール等で被覆して裾部分は土中に埋めるなどの処理をしてください。

お問い合せ先

長野県病害虫防除所中南信担当 電話0263-53-5642(直通)

特殊報の詳細は病害虫防除所HPをご確認ください。

 URL(https://www.pref.nagano.lg.jp/bojo/index.html

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農政部農業技術課

担当者名:(課長)伊藤 洋人(担当)松澤 愛美

電話番号:026-235-7222

ファックス番号:026-235-8392

所属課室:病害虫防除所

担当者名:(所長)丸山 秀樹(担当)水谷 俊英

電話番号:0263-53-5642

ファックス番号:0263-54-4508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?