ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 県育成の新品種「ブドウ長果11」の名称を「クイーンルージュ」に決定しました

ここから本文です。

更新日:2018年9月20日

県育成の新品種「ブドウ長果11」の名称を「クイーンルージュ」に決定しました

長野県(農政部)プレスリリース平成30年(2018年)9月20日

 平成29年10月に公募した県果樹試験場育成の種なし、皮ごと食べられる大粒の赤系ぶどう「ブドウ長果11」の名称を「クイーンルージュ」に決定しました。

 県では、本品種を「シャインマスカット」、「ナガノパープル」に並ぶ3本柱と位置づけ、2022年からの本格出荷を目指すとともに、海外での販売を視野に本品種の知的財産権保護対策を戦略的に講じていきます。

 詳しくはこちら(PDF:810KB)

 

 

担当部署 農政部 農業技術課 研究普及係
担当者

 (農政技監兼課長)伊藤洋人(担当者)栗原潤

電話

026-235-7220(直通)

026-232-0111(代表)内線3065

ファックス  026-235-8392
メール  nogi@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?