ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 農地整備 > 信州棚田ネットワーク(会員募集)

ここから本文です。

更新日:2019年3月15日

信州棚田ネットワーク(会員募集)

棚田の写真

魅力あふれる信州(長野県)の棚田に関する情報(田植え・稲刈りなどの体験イベント、オーナー制度、保全活動等)を発信します。

新着情報

3月15日 稲倉の棚田で「棚田保全メンバー」募集の説明会を開きます。(お知らせ・イベント情報)

2月20日 姨捨の棚田「棚田貸します制度」オーナー会員募集の情報(お知らせ・イベント情報)

 

2月6日 稲倉の棚田で棚田CAMP2019春が開催されます。(お知らせ・イベント情報)

1月9日 よこね田んぼで棚田オーナー募集が開始されました(お知らせ・イベント情報)

12月7日 稲倉の棚田でオーナー募集が開始されました(お知らせ・イベント情報)

「信州棚田ネットワーク」について

 県内には、「日本の棚田百選」に認定された16か所の棚田をはじめ、広い県土の至る所に数多くの棚田があります。
 棚田は、先人が、その地域の自然に寄り添いながら連綿と築き上げたもので、人と自然の結びつきを感じさせる日本の原風景そのものであり、この魅力は、地域の人々だけではなく、県内外から訪れる人々へも潤いと安らぎを与えています。
 しかし、棚田での農作業は、平地の水田に比べ「労力は2倍、収量は半分」ともいわれるほど大変で、最近の過疎化や高齢化によって、棚田の維持が難しくなっているところも増えています。
 棚田を守り次代へ引き継ぐことは、その地域の人々や農業により育まれてきた景観や個性ある歴史・伝統文化を引き継ぐことでもあります。
 この信州の魅力あふれる棚田を将来にわたり保全していくためには、より多くの人たちに、棚田の魅力や大切さを知ってもらうことが必要です。
 県では、棚田保全団体や市町村間での情報共有、効果的な情報発信を行うため、「信州棚田ネットワーク」を設立し、信州の棚田の保全と活性化に向けた取組を支援します。

趣旨

 信州の魅力あふれる棚田を将来にわたり保全していくためには、棚田保全団体等の情報の共有化はもとより、棚田の魅力を広く発信することにより県内外の棚田ファンを増やし、多様な人材の参加による新たな保全システム構築に向けた取組を進めることが必要です。

 こうした観点から、信州の棚田に関するあらゆる情報を一元化し、情報共有、発信、利用を通じて、棚田と棚田、棚田と人をつなぐ「信州棚田ネットワーク」を設立します。

活動内容・計画

 

  • 2018年8月 ~
「信州棚田ネットワーク」の会員募集(随時受付しています)
  • 2019年3月
「信州棚田ネットワーク」の設立予定
  • 2019年3月
信州の棚田に関する情報を一元化し、情報共有、発信、利用のワンストップ窓口

「信州棚田ネットワーク(Webサイト)」を開設予定(長野県ウェブサイト内から移行します)

 

お知らせ・イベント情報

 

 

スタンプラリーの応募は、平成30年11月12日(月曜日)をもちまして終了となりました。

「信州棚田カード」(平成30年7月12日(木曜日)~)はなくなり次第配布終了です。

 

詳しくは、長野地域振興局の「ほっとスタッフブログながの」をご覧ください。

信州棚田カード

 

(長野県魅力発信ブログ・南信州お散歩日和より)

平成30年10月25日(木曜日)飯田市千代のよこね田んぼ保全委員会の皆様と「よこね田んぼ保全活動を通じた中山間地域の活性化と、棚田に集う人々との交流について」をテーマにランチミーティングが行われました。

詳しくは、南信州地域振興局の「南信州お散歩日和」をご覧ください。

東信エリア

稲倉の棚田(上田市)(外部サイト)

  • 棚田保全メンバー募集の説明会を開きます。

 稲倉の棚田を守るため、一緒に米作りをしませんか?

 まずは説明会にお越しください!

 説明会は、午前10時と午後1時からの2回。

 2019年3月21日、22日(上田市上野が丘公民館)

 2019年3月23日、24日(稲倉の里農村交流館)で開かれます。

 詳しくは、募集チラシ(PDF:543KB)をご覧ください。

  • 棚田CAMP2019春が開催されます!

 2019年4月13日(土曜日)~14日(日曜日)に開催されます。(荒雨天中止)

 棚田CAMP2019春の受付が開始されました。詳しくは、稲倉の棚田のホームページをご覧ください。

  • 2019年度棚田米・酒米オーナー募集開始!

 募集期間2018年12月1日から2019年5月13日。詳しくは、稲倉の棚田のホームページをご覧ください。

  • 棚田アドベンチャーガイド(土・日・祝日に開催。11月末まで。2019年ゴールデンウイークに再開予定)

 フルオープン軽トラックで稲倉の棚田をご案内!

  • イーグルフライトアドベンチャー(土・日・祝日に開催。11月末まで。2019年ゴールデンウイークに再開予定)

 ドローンとヘッドマウントディスプレイで空から棚田の絶景を!

南信エリア

よこね田んぼ(飯田市)(外部サイト)

  • よこね田んぼ棚田オーナー募集開始

 応募締め切り2019年3月15日。詳しくは、よこね田んぼ(飯田市)のホームページをご覧ください。

  • よこね田んぼインスタグラムフォトコンテスト

 平成30年5月18日(金曜日)から平成30年10月31日(水曜日)(応募は終了しました)

中信エリア

四賀棚田復活プロジェクト

  • 平成30年11月16日(金曜日)四賀の棚田収穫祭(18時30分から。会場:石井味噌。終了しました)
  • 平成30年12月15日(土曜日)クリスマス会(11時から。会場:SABOしが。終了しました)

参加費などの詳しいお問合せ、申し込み等は「株式会社かまくらや」(外部サイト)へご確認ください。

北信エリア

姨捨の棚田

  • 平成31年度姨捨「棚田貸します制度」オーナー会員募集(期限延長しました)

 募集期間2018年11月20日から2019年3月31日。詳しくは、千曲市のホームページをご覧ください。

棚田の魅力発信中!(長野県魅力発信ブログより)

長野県魅力発信ブログで紹介された棚田の話題をほんの一部ですが紹介します。

信州棚田ネットワーク会員募集

信州棚田ネットワークでは、本会の趣旨に賛同される県内の市町村、棚田を保全する団体等を募集しています。

  • 本会の趣旨に賛同される県内の市町村、棚田を保全する団体等と長野県をもって構成します。
  • 会費は無料です。
  • 事務局は、長野県農政部農地整備課の農地・水保全係に置きます。
  • 現在の会員は、次の「会員名簿」のとおりです。

会員名簿(2019年1月16日現在)

(保全団体)

(事務局の「株式会社かまくらや」のサイトが開きます。)

  • 千曲市棚田保全推進会議(千曲市)
  • 福島棚田保存会(飯山市)

(市町村)

  • 上田市(農林部農産物マーケティング推進室、土地改良課)
  • 飯田市(産業経済部農業課)
  • 根羽村(振興課)
  • 豊丘村(産業建設課)
  • 松本市(農林部耕地林務課)
  • 大町市(建設水道部建設課)
  • 白馬村(農政課)
  • 小谷村(観光振興課)
  • 長野市(農林部農業政策課)
  • 千曲市(経済部農林課)
  • 飯綱町(産業観光課)
  • 飯山市(経済部農林課)

信州棚田ネットワーク会員位置図(PDF:64KB)

入会申込み方法

入会につきましては、次の入会申込書に必要事項を記入の上、長野県農政部農地整備課又は最寄りの地域振興局農地整備課へお申し込みください。

お問い合わせ先は、次のとおりです。

 長野県農政部農地整備課 農地・水保全係

 電話:026-235-7239

 ファクシミリ:026-233-4069

信州の棚田を一緒に盛り上げましょう。

企業、学校の皆さまへ

信州棚田ネットワークでは、信州の棚田を盛り上げるために、企業や学校の皆さまの参加を募集していく予定です。

棚田保全に関するボランティアやCSR活動等について、皆さまの参加をお待ちしています。

今後、企業や学校の皆さまの募集案内について、詳細が決まりましたら、信州棚田ネットワーク(ウェブサイト)内でお知らせいたします。

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部農地整備課

電話番号:026-235-7239

ファックス:026-233-4069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?