ホーム > 南信教育事務所飯田事務所 > 令和4年度 栄養教諭・学校栄養職員 授業づくり研修会実施報告

ここから本文です。

更新日:2022年6月15日

南信教育事務所飯田事務所

栄養教諭・学校栄養職員 授業づくり研修会実施報告

実施状況

「来年もぜひ参加したいです」

「これからも研修会を続けてください」

 栄養教諭・学校栄養職員部会の先生方と飯田事務所が一緒につくるこの授業づくり研修会は15回目を迎えました。前日に衛生管理の研修会があったにも関わらず27名の参加者が集い、対話をしながら、授業づくりについて楽しく学び合いました。参加者の皆さんから寄せられた感想を紹介します。

 

【飯田事務所からの情報提供について】

・西村所長さんの模擬授業から、子供の目線で、素朴な疑問を大切にし、判断する力につなげていくということがとても心に落ちました。

・模擬授業から、6つの視点を考え、その入口からどんな方向へ進めていくことができるかグループワークをしました。各グループの発表からは、自分では思いつかなかったアイディアが挙がり、授業づくりもいろいろな先生方と打ち合わせることで広がりが生まれることに気づきました。

令和4年度栄養教諭・学校栄養職員授業づくり研修会1 令和4年度栄養教諭・学校栄養職員授業づくり研修会2 令和4年度栄養教諭・学校栄養職員授業づくり研修会3

 

【原先生の事例発表について】令和4年度栄養教諭・学校栄養職員授業づくり研修会4

・子供たちの感想から、生産者の声を直接聞くということが貴重で大切な体験なのだと感じました。そうした学びを継続することは人間形成にも大きな影響があるのだろうと思います。

・大規模センターという環境の中、学校の先生方と継続的にやりとりをしており、自分の職場でも何かできることがあると考えさせられました。

 

 

 

【日頃の業務等に関する情報交換について】

・衛生面で気になっていた疑問について意見をいただきました。実践してみたいと思いました。

・一人だと考えが煮詰まってしまうようなことも、先生方とお話ししていると様々な可能性が広がりました。

・自分だけで解決せず、周りの先生方に助けを求めることも必要だと思いました。

 

 一堂に会して行ったことにより、“授業づくり”以外にも得ることのあった研修会となりました。

  「顔を合わせて話ができてよかった」

  「悩んでいることが同じで、アドバイスも聞けて、心のもやもやが消えました」

  「誰に相談したらいいか分からなかったが、優しく聞いてくださる先生方がいてよかった」

 

 栄養教諭・学校栄養職員の皆さんは、研修会を通してつながりを深め、支え合える関係を築いているように感じました。互いを認め合う対話的な学びが、安心できる居場所づくりにもつながると感じられた研修会でした。今年度、各校での食に関する指導が一層充実することを願っています。

(飯田事務所指導主事 熊谷 繁)

 

趣 旨

 栄養教諭・学校栄養職員が,学校現場において食に関する指導の充実を図るため,事例発表や情報提供から授業づくりについて学び,各学校での食育を推進する。

日 時  令和4年6月10日(金) 14:00~16:45
会 場  南信消費生活センター 大会議室
テーマ  「子どもが主体となる食育の授業にチャレンジしよう!」
研修内容

 1 飯田事務所から情報提供

 2 実践事例から学ぶ

   (1) 食に関する指導事例発表

     発表者:飯田市矢高共同調理場 栄養教諭 原 悦子 先生

     「生産者・学級担任との連携による授業づくりから学んだこと」

   (2) 事例に関してグループワーク

   (3) グループワークの全体共有

 3 情報交換(グループワーク)

参加者  27名

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県南信教育事務所飯田事務所 

担当者名:熊谷繁

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-53-0461

内線:2562

ファックス番号:0265-22-0044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?