ホーム > 南信発電管理事務所 > 事務所概要 > 世田谷区立赤堤保育園を訪問しました

ここから本文です。

更新日:2019年3月5日

南信発電管理事務所

世田谷区立赤堤保育園を訪問しました

長野県の発電事業をPRするため、世田谷区立赤堤保育園を訪問しました。
長野県企業局では、昨年度から信州発⾃然エネルギーを大都市の需要家に向けて売電しています。
赤堤保育園が今年度から信州発自然エネルギーの利用を開始したことから、職員が同園を訪問しました。

訪問内容

 

 

説明風景

職員から園児に「電気がどこからくるのか」を説明しました。
電気がどのように作られてどのようにして自分たちの元に届くのか、園児たちは興味深そうに話を聞いており、自分たちが日頃使っている電気について関心を寄せていました。

 

ジオラマ体験

ジオラマ模型の手回し発電機を回すことで、園児たちに発電体験をしていただきました。
発電された電気がどのように届けられ、使われているのかを、実際に目で見て確認してもらいました。
発電することで建物や送電線の照明が光ると、園児たちは「わっ」と歓声をあげて喜んでいました。

 

 

 

プレゼント贈呈

園長と代表の園児に長野県飯島町産米「越百黄金」の米俵、伊那市産の木材で作られた積み木、アルクマぬいぐるみ、その他アルクマグッズ等をプレゼントしました。
長野県からのプレゼントとして思い出してもらえるよう県の名産品や独自の品を贈呈しました。
米俵の米は、保育園児の食事として、また、積み木やぬいぐるみ等は園児たちのおもちゃとして利用される予定です。

 

質問

園児たちがアルクマへ質問をしました。
「なんで体は緑なの?」「リュックの中身は何?」など様々な質問が飛び交いました。

 

 

 

 

 

ハイタッチ

最後は、園児みんながアルクマとハイタッチをして退出していきました。
中には抱き着いてからお別れしていく園児の姿も見られ、アルクマの人気の高さがうかがえました。

 

 

 

最後に

この度赤堤保育園を訪問し、園児たちに発電事業に対して興味を持っていただいたこと。また、企業局で作った電気で同園のみなさんが生活している光景を間近に見せていただいたこと。これらは、これからの業務遂行の糧となるとても良い経験となりました。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県南信発電管理事務所 

長野県伊那市狐島3802-2

電話番号:0265-72-6121

ファックス番号:0265-78-8050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?