ホーム > 長野地域振興局 > 組織の概要 > 総務管理課 > 長野地域のNPO法人の活動を紹介します > NPO法人長野スポーツコミュニティクラブ東北

ここから本文です。

更新日:2019年5月22日

長野地域振興局

NPO法人 長野スポーツコミュニティクラブ東北

~スポーツで地域をつなげる~

法人データ

名称

NPO法人長野スポーツコミュニティクラブ東北

設立

平成24年9月12日

所在地

長野市大町大曲945

HP

http://www.ngn.janis.or.jp/~supocomi/index.html(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

お話しをお聞きした方

「NPO法人長野スポーツコミュニティクラブ東北」理事長 柳見沢 宏(やなみさわ ひろし) 様 / 事務局 藤牧 敏子 (ふじまき としこ)様

長野市立東北中学校の敷地内の事務局にて

(長野市立東北中学校の敷地内のクラブハウスにて)

「スポーツをいつでも、どこでも、だれでも、いつまでも」をキーワードに「総合型地域スポーツクラブ」を運営している「NPO法人長野スポーツコミュニティクラブ東北」(以下「長野スポコミ東北」)。

長野市立東北中学校の敷地内の事務局を訪ね、理事長の柳見沢宏さんと事務局の藤牧敏子さんにお話しを伺いました。

法人設立まで

平成12年文部科学省は、生涯スポーツの振興、地域住民の健康・体力の維持増進、世代間交流、少子・高齢化社会への対応など様々な目的から、「総合型地域スポーツクラブ」の育成事業を始めます。

当時、長野市立東北中学校バスケットボール部と技術交流をしていた長沼ミニバススポーツ少年団。長沼ミニバススポーツ少年団に関わっていた保護者やコーチ達は、もっと幅広くスポーツの場を提供して、いろいろな人と楽しく交流できる場も欲しいと話し合い、呼びかけに答える形で平成12年「スポーツコミュニティクラブ東北育成協議会」を設立。

同年、日本体育協会「総合型地域スポーツ育成事業」に応募し、3年間の指定を受け、東北中学校区(長沼、古里、柳原地区)から地域に根ざした、地域住民の手による新しいスポーツクラブの運営を目指して、活動を始めました。

小・中交流、バスケの練習

(小・中交流バスケットの練習)

初年度は、バスケットボールの単種目で小学生から一般の方の参加でスタート。活動を始めてみて、幅広い年齢の方に楽しんでいただけるような内容にするには、指導者の意識改革が必要だと感じました。

また、地域の方に「長野スポコミ東北」の存在を広く知っていただく目的で、一週間、多様なスポーツを楽しんでもらうイベント「東北スポーツウィーク」を開催。スポーツの場を求めている方、特に高齢者の方のく参加数の多さに驚いたといいます。

翌13年度には、「長野スポコミ東北」の趣旨に理解を示してくれた既存のスポーツクラブ団体の参加と中学校部活の種目が加わり、10種目で定期的なスポーツ活動を展開していきます。

活動を続けていく中で、スポーツに限らず地域の伝統文化の継承や、公民館や育成会などの地域行事との連携も視野に入れていきたいという思いも芽生えていき、平成24年にはNPO法人を取得しました。

法人概要

現在、「長野スポコミ東北」は東北中の敷地内に事務局を置き、主に東北中学校区内で活動。地域の方を中心に、幼児から大人まで約450人が会員登録し、定期的なスポーツ活動を楽しんでいます。

会費は、高校生までが年間2,000円、一般が4,000円、ファミリーが5,000円。(平成26年度現在。スポーツ保険は別料金となります。)会員になると、何種目でも参加することができます。

活動内容

スポコミランド

剣道の練習風景

(毎週金曜日に東北中で行われている剣道)

地域の方々が、定期的にスポーツを楽しむことができるよう設けられた活動は「スポコミランド」と呼ばれ、現在12種目が東北中学校を中心とした各会場で行われています。

内訳は、バスケットボールが年齢・経験別に3種、バレーボール、バウンドテニス、卓球、バドミントン、エアロビクス、サッカー、陸上競技教室、ヘルスアップウォーキング、剣道です。多様なニーズに答えるようにと多くの種目を擁しています。

各種目ごとに責任者が置かれ、運営が任され、それぞれ独自の活動をしているのも大きな特徴です。

指導者は、日本体育協会や競技団体等の有資格者や教員、有志の競技経験者などの複数の方で構成されており、各自の得意分野を活かした様々な角度からのアプローチが可能であり、「楽しさ志向」と「競技志向」の両面を考慮しながら、それぞれの年齢や技術に併せて楽しめるように活動内容を工夫しています。

小・中・高校の連携事業

「長野スポコミ東北」では、小・中・高校の連携にも力を入れており、東北中学校区の三つの小学校(柳原小、古里小、長沼小)と東北中学校、市立長野高等学校、長野高等専門学校が、「陸上」「バスケットボール」「サッカー」の活動を通してつながっていくように、合同練習の機会を設けています。

平成26年8月のバスケクリニック

(平成26年8月、地域連携バスケクリニック)

平成26年8月に市立長野高等学校で開催した地域連携バスケクリニックは、元ユニバーシアード日本代表の大屋秀作さんを迎えて行われ、小・中・高校生が身体の使い方などの基礎練習から試合運びまでの指導を受けました。

「もっとうまくなりたい。」「基礎練習が大切だということがわかった。」など、子ども達は合同練習の中から多くのことを学びます。

 

平成26年8月のバスケクリニック

 

 

「大人になってもスポーツを楽しむには、世代を超えて楽しさを共有し、スポーツそのものを楽しいと思える環境が必要。」と柳見沢さん。異年齢と関わり、教えたり教わったりしながら練習していくことの重要さを訴えています。

 

キッズアドベンチャーワールド

定期的なスポーツ活動とともに「長野スポコミ東北」の柱となっているのが、「キッズアドベンチャーワールド」と呼ばれる、8歳以下の子ども達が異年齢で一緒に遊ぶ活動です。

「前頭葉の『制御する力』は8歳までに出来あがると言われていて、前頭葉を鍛えるために群れて遊ぶことが必要です。」と言う、柳見沢さん。

キッズアドベンチャーワールド柳原教室

(長野市立柳原体育館で)

子ども達に「仲間」「時間」「空間」のある環境を提供したいと、「長野スポコミ東北」では、東北中学校区の8歳以下の幼児・小学生の子ども達を対象に、異年齢で一緒に遊ぶ「キッズアドベンチャーワールド」を、柳原・古里・長沼の各地域体育館で一週間に一度開催。

 

 

「柳沢運動プログラム」(※)の動物の動きをみんなで一緒に行ったり、バランシングボールを使ったり、思い切り走ったりと、広い体育館の中でのびのび遊んでいます。

 

キッズアドベンチャーワールド柳原教室

送り迎えの親御さん達にお子さんの様子を聞くと、「この日をとても楽しみにしています。」「お姉ちゃんと一緒に、安心してまかせることができます。」「思いっきり身体を使って遊んでくるようで、寝つきも良く、ぐっすり寝てくれます。」などと、活動が子ども達の関わりやつながりを深めるだけでなく、生活習慣を整えることにも役立っている様子が伺えました。

また、地域内の交流を図り、この活動を通しておじいちゃん、おばあちゃんが孫世代と関わり元気になれるようにと、交流会も企画しています。

※柳沢運動プログラムとは、栁澤秋孝氏(松本短期大学教授)が、子ども達に身体を動かすことが好きになってもらいたいと自ら考案した、体系的な運動プログラムです。

スポーツイベントやシンポジウムなどの企画運営

地域連携のスポーツ交流会をはじめとする、スポーツイベントやシンポジウムなども企画運営しています。

平成26年度北信地区総合型スポーツクラブ、バドミントン交流大会

(平成26年度北信地区総合型スポーツクラブ、バドミントン交流大会)

毎年、北信地区の総合型地域スポーツクラブの交流大会が開かれており、「長野スポコミ東北」ではバドミントンの大会を受け持ち、開催しています。

平成26年度の交流大会は、長野市南長野運動公園体育館で10月に開かれ、技術や年齢も異なる選手達による熱戦が繰り広げられました。

日頃は各クラブで練習に励んでいる皆さん。交流を楽しみながら家族ぐるみでプレーできる大会は、大切な年間行事の一つです。

 

地域ぐるみの共育フォーラム分科会

(平成26年度地域ぐるみの共育フォーラム分科会より)

また、平成26年11月には、「地域ぐるみの共育フォーラム」(北信教育事務所、北信地区社会教育委員連絡協議会共催)が開かれ、「長野スポコミ東北」は「総合型地域スポーツクラブ」の分科会を受け持ち、地域でのスポーツ活動や中学校部活の支援からスポーツを通した子育てについて話し合いました。

地域のスポーツ振興に少しでも役立つようにと、柳見沢さんは自分達の活動を精一杯伝えていました。

今後の抱負

今後の抱負をお聞きしたところ、「定期活動の定着とキッズアドベンチャーワールドの拡充を図りたい。小・中・高校間の3種目による交流の充実に力を入れていきたい。」「指定管理ができるような組織の充実や、ビジョンある活動を継続していきたい。」と、法人運営の充実と継続への思いを語ってくれた藤牧さん。

「スポコミランドやキッズアドベンチャーワールドなどの見学を随時受け付けていますので、興味のある種目がありましたら、事務局に連絡をください。」とも。

地域のみんなの元気を願う「長野スポコミ東北」。より多くの方が活動に参加していただけるよう努力と工夫を重ね、豊かなスポーツライフの実現を目指します。

 

(取材 平成26年10月20日 地域政策課県民生活係 麻田真里子)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県長野地域振興局総務管理課

長野県長野市大字南長野南県町686-1

電話番号:026-234-9500

ファックス番号:026-234-9504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?