ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)6月プレスリリース資料 > 醸造蔵には”指紋”がある!?発酵食品産業の活性化を目的とした「地域遺伝資源活用新商品開発コンソーシアム令和元年度第1回定例会」を開催します

ここから本文です。

更新日:2019年6月6日

醸造蔵には”指紋”がある!?発酵食品産業の活性化を目的としたコンソーシアム令和元年度第1回定例会を開催します(6月11日)

長野県(長野・北信地域振興局)プレスリリース 令和元年(2019年)6月6日

長野、北信の両地域振興局では、「長野県ものづくり産業振興戦略プラン」に基づいて「地域資源を活用した発酵食品・機能性食品産業の集積形成」に取り組んでおり、(公財)長野県テクノ財団や国立大学法人信州大学と連携して、地域内の醸造蔵に存在する地域遺伝資源(有用な微生物)の探索・科学的解明を行いましたので、その成果等を発表します。

日時

令和元年6月11日(火曜日)15時30分から17時まで

会場

長野県工業技術総合センター4階視聴覚室

(長野市若里1-18-1)

内容

(1) 昨年度の研究成果報告

研究機関:国立大学法人信州大学

教 授 下里 剛士 氏

准教授 河原 岳志 氏

助 教 重盛 駿 氏

(2) 今年度の事業計画

 

 


有用微生物の探索・科学的解明の結果、長野・北信地域の醸造蔵には、それぞれ異なる“蔵付き”の菌が存在していることが分かりました。

 

この成果を活用した味そやしょう油などの新商品開発の検討等を行います。


 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野地域振興局商工観光課

担当者名:(課長)窪田 敏彦 (担当)佐々木 結女

電話番号:026-234-9528

ファックス番号:026-234-9595

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?