ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 「令和元年度関東地方発明表彰」において県内から8名の方が表彰されます

ここから本文です。

更新日:2019年10月30日

「令和元年度関東地方発明表彰」において県内から8名の方が表彰されます

長野県(産業労働部)プレスリリース 令和元年(2019年)10月30日 

公益社団法人発明協会では、各地方における発明、考案又は意匠の創作並びに発明の実施及び発明の奨励、創意の高揚に関して功績のあった者を「地方発明表彰」として表彰しています。このたび、県内から8名の方が表彰されることになりました。 

受賞者(本県関係分)

(敬称略)

賞の名称

発明の名称等

受賞者

日本弁理士会

会長賞

高速プリンターインク吐出異常検出装置

セイコーエプソン株式会社(諏訪市)

 坂上 裕介、新川 修

長野県知事賞

3Dフルカラー造形物および造形方法

株式会社ミマキエンジニアリング(東御市)

八角 邦夫、原 浩文

長野県発明協会会長賞

ディスクブレーキ

日信工業株式会社(東御市)

 波多腰 弦一、芦田 克彦、増田 千尋

実施功績賞

セイコーエプソン株式会社(諏訪市)

 代表取締役社長 碓井 稔

※実施功績賞は、文部科学大臣賞、特許庁長官賞、中小企業庁長官賞、関東経済産業局長賞、発明協会会長賞、日本弁理士会会長賞の発明の実施化に功績のあった法人の代表者を表彰するものです。

表彰式

日時 令和元年11月13日(水曜日)13時30分から15時00分まで

場所 浅草ビューホテル 4階「飛翔の間」(東京都台東区西浅草3-17-1)

関東地方発明表彰について

本発明表彰は、各地方における発明の奨励・育成を図り、科学技術の向上と地域産業の振興に寄与することを目的として大正10年に開始されたものです。全国を8地方(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)に分けて表彰を実施し、各地方において優秀な発明、考案、又は意匠を完成された方々等の功績を称え顕彰するものです。

詳細については、下記の公益社団法人発明協会のホームページをご覧ください。

(公益社団法人発明協会ホームページ)http://koueki.jiii.or.jp/(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業労働部ものづくり振興課

担当者名:(課長)西原 快英 (担当)鈴木 遼

電話番号:026-235-7196

ファックス番号:026-235-7197

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?