ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 県産材利用推進室紹介 > 木づかい運動の取り組み

ここから本文です。

更新日:2018年10月22日

木づかい運動の取り組みについて

~毎年10月は木づかい推進月間~

「木づかい運動」とは?

「木づかい運動」は、林野庁が提唱する、木材を利用することの意義を広め、国産材利用を拡大していくための運動です。(毎年10月は「木づかい推進月間」)

木材を使うことは、「伐って、使って、植えて、育てる」という森林のサイクルを回し、持続的な森林経営につながります。

また、木を木製品や住宅として利用している間は、二酸化炭素を放出することなく蓄え続け、地球温暖化防止への貢献にもなります。

こうした意義を多くの皆さんに知っていただき、暮らしの中に木材製品を取り入れてもらうことが、「木づかい」の第一歩です。

 

kidukai

木づかいサイクルマーク

長野県の取り組み

信州の木のある暮らし展in銀座NAGANO(平成30年10月1日~31日)※終了しました

東京銀座の信州首都圏総合活動拠点銀座「NAGANO(別ウィンドウで外部サイトが開きます)で、長野県産材を活用した木製品を展示

zentai2

2Fイベントスペースの一角に木製品を展示しました。

展示した木製品

皿、箸置き、箸、カッティングボード、LED照明、ラウンドケース

絵合わせパズル、組み木

KEES BOX、KEES基本セット、KEESミニ

木のおもちゃ(かに/かめ)

携帯升、漆升

ワインクーラー(クリア/漆)、産湯桶「うふっ湯桶」

Moccai(もっかい)

雪洞(ぼんぼり)、どこでもハンドル、ぱんけぃ樹

 

展示製品は、オーストリアでの木材展示会(クラーゲンフルター・ホルツメッセ木材展示会(8月開催))の出展品、信州木の香る製品集掲載製品、ウッドデザイン賞(別ウィンドウで外部サイトが開きます)受賞作品等を参考に選定しました。

お問い合わせ

林務部信州の木活用課県産材利用推進室

電話番号:026-235-7266

ファックス:026-235-7364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?