ホーム > 南信州地域振興局 > 地域発 元気づくり支援金 > 南信州地域振興局地域発元気づくり支援金 > 地域発元気づくり支援金【南信州地域】平成27年度の事業実績

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

南信州地域振興局

地域発元気づくり支援金【南信州地域】平成27年度の事業実績

平成27年度地域発元気づくり支援金を活用して、南信州地域で実施された事業です。

  事業名 申請者 事業内容 事業費
(単位:千円)
講評
総事業費 交付額
1 「来て!観て!感じて!」伝統芸能の継承と担い手育成事業(PDF:117KB) 飯田商工会議所(飯田市) 7年に1度の「飯田お練りまつり」を観光客の誘客はもとより地元を離れている人の里帰りの機会と捉え、若者によるポスターデザインや芸能体験デーの開催等により、若者の流出により継承に苦労している伝統芸能に興味をもってもらう機会とする。 6,451 4,848

GPS位置情報システムの開発により来場者の利便性向上を図るとともに、若者を巻き込んだ積極的な広報展開の実施により出演団体数、来場者数が過去最高となった。

2 祭り文化と伝統食から学ぶ“和食”の魅力発信事業(PDF:132KB) 南信州交流の輪(飯田市) 平成25年度から研究してきた南信州の伝統芸能をイメージした”祭り街道弁当”を完成させ、銀座NAGANOや祭り街道(国道151号)沿線で南信州の伝統芸能等と併せ情報発信する。 516 387 伝統芸能と食をセットで地域文化として発信する取組であり、当地域に伝わる貴重な伝統芸能に対する理解を深めるとともに、首都圏での情報発信と三遠南信地域の交流が図られた。
3 「地域ぐるみでおもてなし」第61回風越登山マラソン大会と本大会による地域活性化事業(PDF:196KB) 風越登山マラソン大会実行委員会(飯田市) 風越登山マラソン大会の実施にあわせ商店街と協力したおもてなしイベントを実施する事で参加者が中心市街地に立ち寄る流れを作るとともに、コースには子どもたちによる装飾を施し、市街地コースを復活させるとともに地域全体でイベントを盛り上げる。 1,759 1,318 マラソンコースに中心市街地を通るルートを選定するとともに、子どもから地域住民まで幅広く巻き込んだ販売促進事業により、市街地の活性化に寄与した。
4 高齢者の生活援助を支える人材育成事業(PDF:116KB) 特定非営利活動法人生活応援ネットスキップ(飯田市) 生活支援サービスの制度改正に合わせ、地域の生活応援技術のレベルアップを目的とした講座を開催し、地域の支援者のサービスの底上げを図る。 1,089 432 介護人材の確保が課題となる中、人材発掘やサービスの質の向上を図る取組として評価できる。
5 遠山の霜月祭早わかり瓦版作成事業(PDF:93KB) 遠山郷観光協会(飯田市) 10の神社で行われている霜月祭を解説する瓦版とHPを作成し、神社ごとの祭りの違いを小中学生の祭練習時に活用し、理解を促すとともに、見学者への解説や注意事項の伝達にも活用する。併せて、増加傾向にある外国人客への対応として英訳版も作成する。 3,112 2,332 パンフレット・ホームページ作成により、各神社で異なる祭りの内容や面の構成等について理解の促進を図った。また、英語版も作成し、外国人観光客に向けた積極的な情報発信を行った。
6 きみさき感環の森プロジェクト(PDF:1,139KB) 感環自然村(飯田市) 飯田市三穂地区にある里山を子育て支援や自然体験などを通した教育、地元住民の憩いの場として活用するためのベースキャンプ作りを行う。 2,021 1,351 地域住民とともに自然環境を活かした子育て支援の場を提供しており、未就学児集いの広場の年間利用者数が前年度比約37%となるなど、利用増加が図られた。
7 南信地区60歳以上の音楽グループによる「華齢なる音楽祭」(PDF:109KB) 華齢なる仲間たち(飯田市) 高齢者と若者の世代間交流として出演・スタッフ両面において高齢者と若者(地元出身の高校生・大学生)が協力し合って音楽祭を実施し、高齢者が主役のコンサートのモデルケースを確立する。 1,795 1,299 単なる高齢者による発表会ではなく、高校生等の若者も参加し、世代間交流の場となるコンサートが開催できた。
8 親子を対象とした河川文化の継承事業(PDF:121KB) 飯伊河川文化継承推進協議会(飯田市)

自然に接する機会の少なくなった子どもとその親世代にアユの放流や渓流魚の調理など河川文化に触れる機会を設けるとともに、実際に保全活動にも参加をしてもらう。

973 729 多くの親子に河川文化を体験してもらう機会となった。今後も継続的な取組により、渓流魚の生態や釣りについての関心、自然とのふれあいや河川環境の保全に対する意識が高まっていくことを期待したい。
9 第27回平和のための信州・戦争展の実施(PDF:128KB) 平和のための信州・戦争展飯伊地区実行委員会(飯田市) 「平和のための信州・戦争展」を戦後70年の節目に飯田市で実施し、戦争の実態を広く知ってもらい平和の大切さを改めて認識してもらうため子どもたちによる意見体験発表等を実施する。 1,127

577

戦後70年に当たって、子ども達を含む多くの人に戦争の実態や平和の大切さを認識してもらう機会となった。
10 伝統音楽に用いる楽器の新調及び会員が着用する法被の作成事業(PDF:894KB) 飯沼お囃子屋台保存会(飯田市) 伝統音楽の演奏に必要な楽器の修復・追加を行い子どもたちの練習環境を整えるとともに会員の法被を新調し、保存会の活性化を図る。 1,178 763 子ども達を地域の伝統芸能に巻き込むことで、後継者育成とお囃子の賑わいの両面に効果があった。
11 創立25周年記念行事と交歓コンサートの開催(PDF:698KB) 飯田シルバーコーラスかざこし(飯田市) 会発足25周年を迎え小中学生や飯田管内外の団体を交えたコンサートを開催することで活動意欲の増加や新たな交流のきっかけとする。 1,911 1,066 多くの団体が参加したコンサートであり、世代間交流が図られた。今後、運営面での課題を解決しつつ、継続的な実施ができることを期待したい。
12

伝統芸能伝承するための後継者育成活動(PDF:105KB)

東野大獅子保存会(飯田市) 後継者不足が喫緊の課題である東野大獅子において、後継者となりうる地区の子ども達に講演会や見学会、老朽化した幌の修復作業などにも参加してもらい、小さいうちから興味をもつことにより将来の後継者を確保する。 2,208 1,478 地域の伝統芸能の継承が課題となる中、勉強会や体験等を通じて今後後継者となる地域の子ども達の継承に対する意識の醸成が図られた。
13

自然の藤を使って生きがい作り(心のふるさと化コミュニティ事業)(PDF:223KB)

一般財団法人飯田市南信濃振興公社(飯田市) 遠山郷に伝わる民話「藤姫物語」に登場するも今は途絶えてしまった藤糸作りやそれを使った藤織りといった地域芸能を復活させるため、地域住民が技術習得し体験指導できるようにする。また、藤糸に使う藤蔓を使った特産品を新たに開発する。 727 527 伝統文化と高齢者の生きがい作りを組み合わせた観光振興の基礎ができた。今後、技術を習得した地域住民による体験型観光の広がりを期待したい。
14 宮澤芳重没後45周年記念事業(PDF:274KB) 宮澤芳重没後45周年記念事業実行委員会(飯田市) 当地域に大学設置を夢見て飯田図書館へも私財を投じて本を寄贈し続けた宮澤芳重氏没後45周年に際し、芳重氏の生涯を取り上げたNHK番組「地蔵になった男」上演会・座談会の記録集の作成や記念講座、展示を実施する。 809 550 記録集の作成とともに、記念事業に200名以上の参加者が集まる等、多くの人に芳重氏について学ぶ機会を提供できた。今後も、継続した学習会等の開催に期待したい。
15 ふるさと伊賀良文化財マップ製作・活用事業(PDF:106KB) 伊賀良まちづくり協議会(飯田市) 地区住民の入替りが激しい当地区において、地域のことに関心を向ける第一歩として伊賀良地区の文化財マップを作成し、地区の素晴らしさを知ってもらうとともに小中学生の故郷学習の教材や地域ウォーキング、観光ガイドマップとしても活用する。 883 659 地域住民が地区内の魅力を再発見する機会になるとともに、小学生にもその魅力を伝えることができた。今後、このマップを活用したウェーキング事業が立ち上がることを期待したい。
16 ラグビーワールドカップ2019日本大会におけるキャンプ地誘致運動(PDF:195KB) 飯田ラグビーフットボール協会(飯田市) 2019年開催のラグビーワールドカップの波及効果を当地域にもたらすため、今からキャンプ誘致の機運を盛り上げるため各種スポーツ大会で啓発活動を行うとともに、スポーツ大会が地域にもたらす効果を考える講演会を実施する。 1,262 946 キャラバン隊等の活動により、キャンプ地誘致の盛り上がりの一助となった。実際の誘致決定までは期間があるため、継続した取組に期待したい。
17 自然エネルギー・ネットワークづくり事業(PDF:195KB) 南信州自然エネルギー普及協議会(飯田市) 竹宵まつりに合わせてりんご並木にブース出展し、自然エネルギーのワークショップや記念講演を行うとともに、岐阜県の省エネ先進地を訪問し学習会を行う。 449 359 過去の視察や研修を踏まえた竹宵まつりへの出展、継続的な講演会・学習会の開催により、自然エネルギーへの関心の高まりやネットワークの広がりに寄与した。
18 飯沼天神塚(雲彩寺古墳)公園つくり(PDF:122KB) 飯沼天神塚古墳保存会(飯田市) 県指定史跡である飯沼天神塚古墳が竹林と雑木に覆われていることからこれを整備し、地域の文化歴史を伝える史跡として学校教育、社会教育に活用する。 2,831 1,684 天神塚古墳の整備のみならず、地域住民のPRにより、多くの来訪者があった。今後も継続した管理により、多くの人が来る場所となるよう期待したい。
19 神之峯公園整備事(PDF:153KB) 上久堅地区まちづくり委員会(飯田市) 上久堅地区の史跡神ノ峯を公園として地域住民の手によって整備し、三遠南信自動車道の供用開始に合わせた観光客の増加を狙う。 465 324 地域住民が「神之峰公園」を地域の財産として認識する良い機会となった。三遠南信自動車道の開通等を見据えて、継続的に整備を進められることを期待したい。
20 伊那路・木曽路「食」スタンプラリー(PDF:417KB) 伊那路・木曽路広域観光連携会議(飯田市) 御岳山噴火による木曽地域への影響が飯田下伊那にも及んでいることから、南信州地域が一体となって伊那路・木曽路を周遊させるスタンプラリーを実施する。 647 439 伊那路・木曽路の広域観光の促進に寄与した。今後の加盟店の増加等により、事業規模の拡大や観光客増加が期待できる。
21 南信州へおいでなんしょ!プロジェクト2015(PDF:120KB) 飯田観光協会(飯田市) リニア開通を見据え品川経由で南信州に流入する日本各地及び海外からの交流人口増加のため、品川エリア商店街での物産展やPRイベントを行い、品川区民との継続的な関係性の構築を目指す。 1,760 1,320 リニア開通を見据えた品川での認知度向上に向けた取組であり、首都圏大学生や飯田の子育て世代、芸能継承団体等、多様な客層の交流が図られた。
22 南信州おやまのお肉普及推進事業(PDF:108KB) 飯伊連合猟友会(飯田市) 平成21年度に作成した下伊那のジビエ料理提供店を紹介するパンフレットがいまだに需要があり活用機会がある中、掲載店舗を見直すとともにジビエの調理方法や取扱店情報など今までの要望を踏まえた第2弾パンフレットを作成する。 1,166 854 当地域で美味しいジビエ料理を食べられる店や手軽に野生獣肉を購入できる店を紹介したパンフレットが出来上がり、獣肉利用の促進が期待できる。
23 遠山2地区の一体化と「ひとこい」事業(PDF:271KB) 遠山2地区まちづくり委員会(飯田市)

旧上村と南信濃村が合併10年を迎えることを契機に地域ごとの特色を活かし相互に交流するイベント(マラニック大会や道の駅祭など)を広く情報発信し、2地区がより一層一体となり地域愛を醸成するとともに着地型遠山郷ブランドを目指す。

2,586 1,906 遠山2地区が協力して各種イベントを開催し、イベント毎に多くの参加者を集めただけではなく、地域の道の駅における利用者も増加となり、遠山郷全体の誘客に寄与した。
24 りんご並木賑わいづくり事業(PDF:96KB) 飯田市中心市街地活性化協会(飯田市) りんご並木で行っている歩行者天国イベントを天候に左右されず実施できるようにメイン会場にテントを設置する。また、丘の上の商店街の利用促進のため協賛店で買い物をすると子ども向けのシールがもらえる事業を飯田東中学校生徒も関わりながら仕組みづくりを行う。 2,337 1,603 りんご並木シールの進呈により、中心市街地への来訪者の増加や街中の回遊に取り組んだ。今後、他団体とも連携しながら、一層の市街地の賑わいづくりを期待したい。
25 イベント列車「感動体験南信州ふれあい列車」(PDF:90KB) JR飯田線活性化期成同盟会(飯田市) 飯田線の利用活性化とリニア開通後のアクセス路線として飯田線の存続を図るため、飯田線を活用した南信州の魅力(稲刈り体験)を体験できるツアーを実施する。 1,618 1,126 JR飯田線の利用促進に向け、魅力発信を図った。体験イベントの工夫等により、参加者の増加が図られることを期待したい。
26 休耕地を活用した地域の元気づくり事業(PDF:94KB) かなえ楽農プロジェクト(飯田市) 遊休荒廃地をコミュニケーションの場として一般市民を巻き込みながら蕎麦栽培から蕎麦打ちまでの体験教室を行い、子どもから年配の方まで取り組みやすい内容とし世代間交流を図る。 405 303 蕎麦の栽培や蕎麦打ち体験等を通じて、世代間交流が図られた。今後も継続した取組の中で、遊休荒廃地対策と交流の場づくりに寄与することを期待したい。
27 高校生文化フェスティバル(PDF:133KB) GARDEN4S(飯田市) 「丘の上」と呼ばれる地域に年々人通りが減少し人々の交流も減少しているため、新たな交流の場として飯田下伊那の高校生が部活等の成果を発表する場を設け、高校生と一緒に商店街の活性化と文化発展を図る。 800 581 高校生を中心としたイベントを開催し、賑わいの創出に寄与した。今後も高校生を中心としつつ、多くの大人を巻き込めるような仕組みにより、イベントを継続していけることを期待したい。
28 松川少年少女サッカークラブ創立30周年記念事業(PDF:509KB) 松川少年少女サッカークラブ(松川町)

クラブ30周年を記念してサッカープロチームとの交流会や講演会、サッカー教室を行い子どもたちの夢を広げる。

1,456 1,091 子ども達がプロの世界を体感する貴重な機会となり、モチベーションの向上に繋がった。今後も子ども達の夢の実現に向けた継続的な取組を期待したい。
29 松川町からつながるJR飯田線の魅力活用事業(PDF:175KB) 松川町 JR飯田線の利用促進のため飯田線フォトコンテストの受賞作品を活用したフレーム切手等を作成するとともに地域の観光スポット等を紹介する解説書も添付し、地域内外の人に飯田線と地域の魅力を再認識してもらう機会とする。 1,443 498 前年度のフォトコンテスト受賞作品を活用した取組であり、飯田線の魅力を再認識するとともに、新たな客層へのアプローチのきっかけとなった。
30 おいしい笑顔が実る町くだもの100年松川町(PDF:513KB) 松川町 松川町で果樹栽培が開始されてから100年を迎えるにあたり、年間を通した記念イベントや情報発信、また今後さらに発展していくために新たな町の特産品開発を行う。 4,450 3,095 果樹栽培から100周年を契機とした町全体の取組により、認知度の向上が図られた。今後も更なるブランド化が促進されることを期待したい。
31 高森町健康ポイント(仮称)事業(PDF:519KB) 高森町 町民に健康習慣を身につけてもらうため、自分で目標を立て健康増進に取り組む仕組みとして運動や検診の受診などに応じポイントを付与し、ポイントに応じ表彰品を進呈する仕組みを構築する。 1,184 601 健康づくりに関心のない人が運動に取り組むよいきっかけとなった。今後、継続実施者の増加と新規参加者の拡大により、町民の運動習慣の定着が図られることを期待したい。
32 高森町平和普及啓発継承事業(PDF:421KB) 高森町 戦後70年を迎えるにあたり平和の実現に貢献していく条例を制定した高森町において、戦争の体験や記憶を子どもたちに継承し、平和の尊さについて認識を深める平和コンサート、学習会、広島被爆イチョウの植樹などのイベントを実施する。 614

449

戦後70周年の年に、被爆木の植樹や平和学習を通じ、次世代を担う子ども達を含めた多くの町民へ平和の尊さを伝え、学ぶ意識の向上が図られた。
33 「美植・たかもりプロジェクト」事業(PDF:453KB) 高森町商工会(高森町) リニア開通後を見据え、人工的な等間隔・直線的な植栽ではなく生態学的にも違和感のない、将来的にも美しい景観となる植樹方法を実践するとともに町内に普及させるための学習会を行う。 1,165 700 地域住民へ景観に対する意識の醸成が図られた。今後も町民を巻き込んだ事業を行い、『美しい景観が町の「未来」の財産となる』という理念に繋がる取組に期待したい。
34 「屋台村」で新野を元気に!事業(PDF:405KB) 新野をなんとかし隊(阿南町) 町の伝統芸能行事の活気を取り戻すため、地域の若手が中心となった婚活イベントの継続実施と婚活参加者も一緒になった屋台運営を行う。 430 322 地域の伝統芸能の場を活用した婚活イベントであり、婚活だけではなく、伝統芸能自体の盛り上げにも寄与した。
35 子連れでも気軽にお出かけ×それなら地元へ!西部三カ村観光地誘客事業(PDF:420KB) 女子旅★推進委員会(阿智村) 子ども連れで訪れる人に特典を設けることで気軽に地域の観光スポットを回ってもらえるよう西部3か村エリアを中心に協賛施設を募り、小学生までの子どもがいる家庭がサービスが受けられる仕組みを作り地域の子育て環境を充実させる。 2,559 2,046 地元観光資源を活用した子育て支援という地域循環の仕組みとなっており、今後、協賛施設の充実や利用者増に向けた継続的な取組により地域活性化が期待できる。
36 満蒙開拓「語り部」証言映像制作(PDF:448KB) 一般社団法人満蒙開拓平和記念館(阿智村) 戦後70年を迎え満蒙開拓の語り部が少なくなってきていることから、その貴重な証言を後世に残し、多くの人々に伝えるための映像を制作する。 1,729 1,055 戦争体験者が少なくなる中、中国での取材を含めその証言を映像化することで、多くの人に戦争について学ぶ機会を提供することができた。
37 子供達の為の環境整備事業(PDF:497KB) 伍和自治会(阿智村) 地元小学校周辺に桜苗を植樹し、子どもたちの地域への愛着心を醸成する。 522 391 桜の植樹を契機に、多くの地域住民が活動に参加することで、郷土愛の醸成に寄与した。今後も保全活動を継続し、桜の開花につなげられることを期待したい。
38 恋人の聖地を活用した地域・観光振興事業(PDF:181KB) 星・恋人の聖地プロジェクト会議(阿智村) 婚活イベントの実施により若年層の観光客を呼び込むとともに、自治体の婚活事業とも連携し定住促進に貢献する。 3,183 1,672 「恋人の聖地」という村の特徴を活かした婚活イベントにより、観光地としての知名度向上が図られた。今後、公認カップル制度の定着によりリピーターの増加が期待できる。
39 阿智村セブンサミット事業(PDF:219KB) 富士見台エコトレッキング委員会(阿智村) 村内にある7つの山(峰)を着地滞在型の観光資源として活用するため一つの周遊コースとする環境整備を引き続き行うとともに、環境保全活動として富士見台にササユリを増やす活動に住民とともに取り組む。 3,278 2,374 当地域の山岳観光の振興と、リピーター増加に寄与するとともに、ササユリの増殖を通じた環境保全意識の向上が図られた。
40 浪合産の特産品セット開発事業(PDF:1,152KB) 阿智村商工会(阿智村) 特産品開発の取組により試作段階まで完成した、浪合産トウモロコシを活用した商品の量産化及び販路開拓のため、既に知名度のある浪合の特産品「銀名水サイダー」とセットにして販売する仕組みを構築する。 404 302 阿智村浪合地区の特産品をセット化することにより、新たな販路拡大にも効果があった。引き続き、売上の向上につながるよう地域を挙げた取組が展開されることを期待したい。
41 耕作放棄地を再利用したヤーコン茶づくりにより、雇用拡大、農業振興を目指し、地域を元気にする。(PDF:481KB) おろちケ滝農事組合(阿智村) 若者の農業離れや農家の後継者不足、耕作放棄地の増加を解消するためヤーコン栽培を促進し、乾燥機による作業の効率化により農家や村内障がい者の収入にもつなげる。 1,374 918 耕作放棄地の解消手段としてヤーコンを栽培するとともに、障がい者の雇用拡大を図った。
42 平谷村の文化財を活用した地域活性化事業(PDF:387KB) 平谷村 来歴などが整理されていない文化財を地域住民と共に見直しマップとして整備するとともに、周遊コースを設定しスタンプラリーを実施、周遊した人には温泉入浴割引が受けられるようにし観光客の滞在時間の増や住民の健康増進に役立てる。 1,466 1,004 文化財への関心を高めるため、ウォーキングコースを設定するとともに、スタンプラリーを組み合わせて周遊のきっかけに寄与した。
43 伝統文化保存継承事業(PDF:414KB) 根羽村 大正2年から続く7年に一度の村民総出の祭「七年祭」を、人口減少が進む中で貴重な村の伝統行事として後世に伝えるため記録映像を作成するとともに、学校の課外授業やケーブルテレビなどで活用する。 1,629 1,221 人口減少が進む中、村民総出で行われる「七年祭」を映像化することで、地域の歴史・文化を学ぶ機会となった。今後のUターン施策や地域学習の教材など幅広い活用を期待したい。
44 木使い推進村民チャレンジ事業(PDF:208KB) 根羽村 村の基幹産業である林業振興のため、木を日常の中に取り入れた「木のある暮らし」を長野県始め愛知県等矢作川流域住民に対しPRする。 3,113 2,304 村の基幹産業である林業振興のため、木育・木づかい推進活動に関する情報発信を積極的に行った。木製品の需要拡大を進め、林業の活性化につなげられることを期待したい。
45 下條村立図書館20周年利用促進・子育て支援事業(PDF:513KB) 下條村 村立図書館開館20周年を機に絵本講演会や原画展、利用バッグの作成ワークショップを通し図書館をまだ利用していない、特に子育て世代に本や図書館に触れる機会をつくる。 1,644 1,315 子育て世代に焦点を当てて利用促進を図るとともに、魅力ある図書館づくりに取り組んだ。今後も利用者のニーズに即した企画による、利用者増加を期待したい。
46 下條村ご当地キャラクター制作事業(PDF:389KB) 地域戦隊カッセイカマンプロジェクト(下條村) ローカルヒーロー「カッセイカマン」と共演する中学生から提案のあったご当地キャラクターを制作し、県内外への観光PR、特産品の販売促進を強化する。 502 324 キャラクターデザインや名前の決定投票で述べ2,500票を超える投票があり、多くの人に浸透する魅力的なキャラクターが制作できた。今後、カッセイカマンとの相乗効果により、多方面での活用が期待できる。
47 おらが村百景散策遊歩道整備事業(PDF:571KB) 売木村 村内の名所、旧跡を観光資源として活かすため、住民参加で遊歩道の整備や劣化した木橋の架け替え、案内看板を設置し観光客が周遊できるようにする。 2,376 1,584 村民協働で遊歩道の整備ができた。今後は、この遊歩道を活用したウォーキングコースの設定を進める等、多くの方が村内を周遊できる仕組みづくりが進むことを期待したい。
48 うるぎ高原で走ろう&星と音楽の祭典(PDF:501KB) うるぎ星の森音楽祭実行委員会(売木村) 地域住民が中心となった実行委員会により「うるぎ星の森音楽祭」を中心に村の魅力的な人や資源を活用しランニングイベントや星空観察会を実施することで、売木村を訪れるリピート客やファンを増やし、交流人口を増加させる。 4,323 2,987 村民が主体となって様々なイベントを企画することで、村民数を上回る690人が参加した音楽祭を開催し、村やオートキャンプ場のPRに寄与した。
49 過疎少子化対策プロジェクト(PDF:646KB) 売木村 若い世代や子どもの減少が著しい中で、少子化対策として転出者や独身者等の現状や本音を専門家と共に調査しより効果の高い婚活イベントを実施するとともに、調査方法からその結果を受けたイベントの構築方法までを管内他団体にも普及させる。 896 672 周辺市町村も巻き込み、若者・独身者の本音をまとめた貴重なデータとなった。今後、今回の調査結果がさらに活かせるようなイベントが企画されることを期待したい。
50 地域の元気を呼び起こせ!天龍村営バスラッピング事業(PDF:390KB) 天龍村 村営バスに村の特産品など村をPRするデザインを村民協働で考案・ラッピングし、リニューアルオープンする温泉施設利用者など村を訪れる人を増加させ、地域の活性化につなげる。 720 480 村民からバスデザインや愛称を募集し、天龍村をPRする村営バスが出来上がった。村内の温泉施設のリニューアルオープンと相まって多くの人に利用された。
51 天然芝を活用した住民協働による環境保全・景観整備事業(PDF:391KB) 泰阜村 昨年度村民協働でベンチ等を設置した村の総合グラウンドや村営公園に利便性を考え芝を植え、地域コミュニティの活性化や観光客の受け入れ態勢を整備する。 661 495 地域住民協働で作業をすることで、グラウンドや公園への愛着が生まれ、コミュニティの活性化に寄与した。
52 あいパークやすおか炭焼き事業(PDF:317KB)

泰阜村

村営公園に村内の間伐材を利用する炭焼施設を整備し、炭焼体験による世代間交流、自然学習を行う。 698 474 村営公園を魅力ある場所にするために継続した活動を実施している。今後、整備した炭焼釜を活用した炭焼き体験が充実することを期待したい。
53 地域の木材を活用した住民協働による環境保全・景観整備事業(PDF:424KB) 泰阜村 昨年度村民協働で設置した蓮池の遊歩道にさらに人を呼び込むため、蓮池周辺の植栽などの景観整備を行い、来訪者が安全かつ快適に過ごせる環境を整備する。 737 524 地域住民協働で、竹林だった場所に遊歩道ができたことで、コミュニティの活性化に寄与するとともに、来村者が立ち寄りやすい場所となった。
54 手創りの特産品をインターネットで発信しよう!事業(PDF:406KB) 泰阜村観光協会(泰阜村) 新たな特産品を村民のアイデアを基に共同開発し、インターネットサイトを立ち上げ全国にPRする。 1,440 1,080 インターネットサイトの構築により、村の特産品のPRの場ができた。引き続き、情報発信に努められることを期待したい。
55 成婚キャンプ in やすおか!事業(PDF:165KB) 泰阜村社会福祉協議会(泰阜村) 村の過疎高齢化や若者の流出を抑えるため村内男性と県内外の女性の婚活イベントを地元住民が中心となり企画するとともに、けもかわプロジェクトなど村の魅力に触れる内容とし移住者の増を目指す。 1,037 660 男女各10名の参加による婚活イベントを開催し、4組のマッチングができた。また、事業終了後も独自で婚活イベントを継続しており、今後の成婚も大いに期待できる。
56 信州とよおか おもてなしガイドプロジェクト(PDF:445KB) NPO法人とよおか総合型地域スポーツクラブ(豊丘村) 豊丘村を訪れた人に地域の魅力を発信できる人材を育成するため住民に対しおもてなしガイド養成講座を開催し、農家民泊やプログラムツアーのガイド役を養成するとともに、健康づくりや自然体験の情報拠点を整備する。 655 457 地域の魅力を発信できる人材育成と拠点づくりにより、受入れ態勢の整備ができた。翌年度以降の「ご当地ガイド」としての活躍等、継続的な取組を期待したい。
57 大鹿クラフトまつり実施事業(PDF:450KB) 大鹿クラフトまつり実行委員会(大鹿村) 若者を惹きつける観光資源が乏しい中でクラフト展を実施し、若者に大鹿村を訪れる機会をつくるとともに、多くの来場者により村内商業施設、宿泊施設等を活性化する。 1,386 940 2日間で2,000人以上の来場があった。村外からも多くの来場者あり、交流人口の増加と村内商業施設や宿泊施設の活性化に寄与した。
58 「大鹿景清・鹿丸のお墨付き商品」推進事業(PDF:603KB) 大鹿村 大鹿村のご当地キャラ「大鹿景清と大鹿鹿丸」を活用し、大鹿村の特色を活かした商品を認定し、村を挙げてその販路拡大及び村のPRを行う。 2,030 1,494 大鹿村特産品の販路拡大と村の魅力発信を行い、認知度の向上が図られた。今後も情報発信等の継続した取組を通じ、ブランド力の強化を期待したい。
59 南信州の一体的な観光PR(PDF:124KB) 南信州広域連合 当地域の観光事業関係者の広い参画の下、一体的な観光振興組織が無い当地域において県や市町村、民間団体が企画段階から参画した南信州全体の観光PR、ブランド発信を行う。 2,977

2,320

首都圏・中京圏における南信州地域一体となった観光PRは、当地域の認知度向上を図る重要な取組であり、今後も継続した事業を期待したい。
60 菱田春草生誕地公園の維持管理・活用の拠点整備事業(PDF:622KB) 春草公園を愛する会(飯田市) 平成26年度に完成した菱田春草生誕地公園を住民が自ら管理、活用していくための拠点として空き家の整備を行い、休憩所の運営や資料展示を行う。 2,021 1,327 地域住民のみならず高校生の参画も得ながら、地域コミュニティの拠点の役割を果たすとともに、空き家活用のモデル事業でもある。
61 住み慣れた町で生活していくための移動支援事業(PDF:132KB) 特定非営利活動法人生活応援ネットスキップ(飯田市) 福祉有償運送に係る人材確保と、近隣町村からの支援の要請に応えるため、各種講習会を開催するとともに、地域の移動支援の充実に貢献する。

882

470

交通の不便な中山間地域の要介護者にとって、安全・安定的な車両運行のため運転手の充実確保は重要な取組であり、今後も引き続き自主的な活動により、人材確保に取り組まれることを期待したい。
62 山に生きてきた地域文化継承事業(PDF:92KB) 千代の山を守る会(飯田市) 7年毎に行われる御柱祭の技術と地域文化継承のため、映像記録を残し、地域の宝という意識の醸成と森林資源と地域資源を融合させた地域づくりを行っていく。 553 414 御柱祭の技術と地域文化継承ができた。今後の担い手となる子ども達に対する学習会を開催し、森林への関心を持ってもらえることを期待したい。
63 復活!橋北お練祭り 橋北屋台囃子とともに(PDF:142KB) 橋北屋台囃子保存会(飯田市) 揃いの法被とのぼり旗を整備して各種イベントに参加することで、後継者の育成を図り、伝統芸能の継承につなげる。 752 563 法被等の整備により、実施した各種演奏会で一体感が生まれた。また、子ども達も多く参加する等、後継者育成にも寄与しており、今後の展開にも期待できる。
64 飯田クラリネットフェスタ~第15回記念定期演奏会~(PDF:126KB) ソノール・クラリネットアンサンブル(飯田市) 学生と一緒に演奏する機会や、一流プレイヤー等の演奏を聴く機会を提供し、地域音楽活動の活性化を図る。 1,601 909 地元の学生を対象とした指導や、ジョイントコンサート等、音楽のすそ野を広げる取組となった。
65 被害予防対策映像制作(PDF:507KB) 特定非営利活動法人飯伊学生防犯対策支援協会(飯田市) 子どもが被害に合う事件が全国で発生する中、「イカのおすし」とテキストを作成し、子どもたちの防犯意識を高める。 2,138 1,603 子どもや高齢者が安心して生活できる地域を目指して、積極的な取組を行っている。作成したDVDの活用により、防犯意識の向上が期待できる。
66 よこね田んぼ 地域活性化事業(PDF:117KB) よこね田んぼ保全委員会(飯田市) 棚田百選認定のよこね田んぼの農作業体験の参加者や観光客の満足度を上げるため、必要な整備を実施。 1,277 887 地域資源を再認識する機会となり、棚田の保全や草刈り等の環境整備活動が展開された。また、整備された景観は来訪者の評価も高く、都市と農村の更なる交流促進が期待できる。
67 西部山麓活用推進事業(PDF:82KB) 佐倉公園整備協議会(飯田市) 「佐倉さま」と親しまれ、賑わっていた飯田市北方笠松山一帯を地域住民とともに公園として再整備し、飯田市民・子ども達が訪れる憩いの地として活性化を図る。 9,824 4,310 地域住民の主体的な取組により地域の憩いの場となった。引き続き、森林整備等の体験学習の実施により、地域の森林整備が一層推進されることを期待したい。
68 足湯による南信州誘客事業(PDF:385KB) 南信州温泉協議会(飯田市) 南信州地域の温泉をより身近に利用してもらうため、足湯を製作し、県内外のイベントでPRする。 1,951 1,354 当地域の観光資源の一つである温泉を「足湯」という形でPRし、イベント参加者に好評を博した。今後の継続したPR活動により、当地域の温泉を売り込むツールとなることが期待できる。
69 下栗芋の保存と継承(PDF:99KB) 下栗里の会(飯田市) 伝統野菜「下栗芋」の保存と継承のため、由来や栽培方法等をまとめた冊子と情報発信用リーフレットを作成し、交流人口の増加と、遊休地を活用した栽培量増加を目指す。 1,937 1,548 下栗芋の認知度は少しずつ向上してきており、地域住民はもとより、地区外の応援団の協力により、更なる栽培量の増加を期待したい。
70 焼來肉ロックフェス2015 in 南信州・飯田(PDF:2,217KB) IIDA WAVE(飯田市) リニア開通を見据え、飯田の焼肉文化を地域資源として発信するため、若者に人気のロックフェスと組み合わせたイベントを実施する。 8,493 4,832 焼肉とロックフェスを組み合わせたイベントとして話題を呼び、県内外から千人を超える来場者があったことは、飯田の焼肉文化のPRに大いに寄与した。
71 地域活性化伝道師を活用した本の発刊と地域創生事業(PDF:369KB) 公益財団法人南信州・飯田産業センター(飯田市) 当地域の魅力を伝える手引書を作成し、リニア開通を見据えた企業・人材誘致と当地域の若者に郷土愛を醸成し、人口流出を抑制するため講演会等を行う。 2,832 1,592 地域の将来を担う高校生にアプローチし、郷土を理解するきっかけを作った。これを契機に若者に地元の素晴らしさが広がっていくことに期待したい。
72 女性と若者の就業支援による次世代の地域づくり事業(PDF:107KB) 南信州次世代会議(飯田市) 女性が生き生きと活躍できる社会づくり支援のため、女性のニーズに合わせた講座や、若い世代の就業支援等の提供の場として、コワーキングスペースを開設する。 1,173 798 セミナーや視察を通じて、コワーキングスペース開設や活用方法の検討の機会となった。今後の取組により、若者の拠点がつくられることを期待したい。
73 南信州皮革産業の「技」「逸品」発信事業(PDF:389KB) LICS信州皮革産業連合(飯田市) 南信州に多い皮革関連産業が連携をして、地域ブランドを創出し、地域産業の振興や将来的な雇用拡大を図る。 649 487 地域の皮革関連産業の連携が図られ、地域ブランドの創出の機運が高まった。今後、具体的な商品の認定により、ブランド化が進むことを期待したい。
74 上村出会いプロジェクト事業(PDF:1,469KB) 上村まちづくり委員会健康福祉委員会(飯田市) 昨年度同事業で結婚という成果を出すことができたことから、更に交流の場を提供し、地域活性化につなげる。 402 301 当初計画していた婚活イベントは中止になったものの、結婚希望者を対象としたセミナーにより、結婚に対する意識やスキルの向上につながった。
75 郷原自治会の宝!探し隊(PDF:512KB) 郷原を楽しむ会実行委員会(松川町) 地域の歴史を見つめ直し、地域の財産を再認識する学習会を実施するとともに、地域に誇りを持てる地域づくりを進める。 549 411 地域住民が主体となって、地域を学び、地域の絆を大切にする機運が高まった。今後も継続した取組を期待したい。
76 新たな民俗芸能の創造と継承・発展事業(PDF:733KB) まつり創造集団結衆大地(高森町) 人口減少により、地域の伝統芸能の伝承が課題となる中、専門家や民俗芸能を復活させた団体等の発表を通じ、継承について考えるシンポジウムを開催する。 646 418 地域の伝統芸能を次世代へ如何に継承していくかを考える良い機会となった。また、「高森太鼓」の継承の取組も始まり、翌年度以降の継続した活動も期待できる。
77 つながりの復縁・コミュニティカフェづくり(PDF:138KB) 御供結の会(阿南町) 地域住民、病院の利用者、高校生など、異世代間交流の場として空き家を改修したコミュニティカフェをつくり、「高校生カフェ」や「認知症カフェ」等を開催する。 4,085 2,699 地域住民、病院の利用者、高校生など、異世代間交流の場として空き家を改修したコミュニティカフェをつくり、「高校生カフェ」や「認知症カフェ」等を開催する。
78 素人カメラマンによる、限界集落からの情報発信事業(PDF:460KB) 和合カメラ(阿南町) 地域住民がカメラマンとなり、日々の様子をブログに毎日掲載することで、和合出身者や都市部の人に住民の元気な様子や和合の魅力を伝える。 526 394 地域住民が日常を写真に撮り、情報発信する仕組みが出来た。今後も継続して情報発信し、和合の魅力を地域内外に伝えられることを期待したい。
79 昼神温泉の源泉を利用した食品等開発事業(PDF:905KB) 阿智村商工会(阿智村) 昼神温泉の源泉を利用した食品等を開発し、昼神温泉と併せて利用してもらうことで、滞在時間や観光消費額の増加を図る。 490 307 試験研究機関と連携するなど商品化に向けた工夫が見られた。昼神温泉への誘客や滞在時間の増加といった経済効果も見込めることから、今後の展開にも期待できる。
80 月瀬の大杉周辺活性化事業(PDF:492KB) 月瀬公民館(根羽村) 駐車場が整備されたことに伴い、これまで以上に多くの観光客が「大杉公園」を訪れるようになったことから、そこで村の規格外農産物の直売等を行うことで、農家のやりがい向上や遊休地解消など、農家全体の活性化につなげる。 492 369 予定を上回る農家からの参加があり、農家支援に一定の効果があった。今後の取組も、多くの改善策を挙げており、更なる活性化が期待できる。
81 源流絵図製作事業(PDF:159KB) 根羽村 生活に由来する矢作川源流に関する名前を絵図にまとめ、水を守る取組や、源流と中流・下流域との関わりを広く知ってもらう。 1,692 1,268 村民や源流域の多くの者が生活に由来する水に目を向けるきっかけとなった。今後、地域の理解が進むよう作成した絵図の活用を期待したい。
82 山村留学をもっと売り込み隊事業(PDF:467KB) 売木村 「売木学園」の学園生確保のため、村の特色を出した活動に取り組むとともに、修学生等の協力により学園章を定め、パンフレット等を活用して活性化を図る。 1,675 1,103 修学生等の協力により、魅力ある山村留学のPRに寄与した。今後も継続した広報活動等により、学園の利用者増加を期待したい。
83 山羊のミルクで特産品開発事業(PDF:183KB) 売木村 遊休農地管理のため、ヤギの放牧による除草を進めるとともに、副産物として生産されるヤギの生乳を村の新たな特産品として6次産業化を推進する。 11,915 4,000 遊休荒廃地対策として進めてきたヤギの飼育が、生産組合の組織化につながり、今後の特産品開発の礎となった。今後、ヤギの生乳を使った特産品開発が進むことを期待したい。
84 長野・愛知県境においでん事業(PDF:338KB) 長野・愛知県境域開発協議会(天龍村) 三遠南信自動車道一部開通等による誘客効果を高めるため、県南部県境地域の町村で連携して誘客PRを行うとともに、PRで活用する手さげ袋を作成する。 1,328 1,062 近隣町村と連携して観光PRを行うことで、これまで取り組んできたスタンプラリーの参加者が増える等一定の成果があった。今後も活用の機会を広められることを期待したい。
85 喬木村の魅力を運ぼう!村バスラッピング事業(PDF:335KB) 喬木村 村営バスに村の特産品など村をPRするデザイン及びバスの愛称を村民協働で考案し、観光客の増加、特産品の販路拡大等による地域活性化を図る。 1,076 717 村営バスに村民から募集したデザインをラッピングすることで、宣伝効果の向上が図られた。今後も知名度向上のため、稼働率を上げる等積極的な活用を期待したい。
86 地域で守る、暮らしと命~大島区防災力向上事業~(PDF:426KB) 大島区(喬木村) 高齢化率が68%であり、災害により孤立の恐れもある中、観光客や地域住民の安全確保のため、講習の実施やフローチャート作成を通じて、住民自ら救命活動を行える体制を強化する。 564 376 地域住民自らが観光客や地域の安全・安心を確立するため、突発事象にいち早く対応できる体制が整った。講習会の継続的な実施により、地域防災力の一層の向上を期待したい。
87 「伴野小唄」復活・普及・継承事業(PDF:502KB) 伴野区(豊丘村) 現在途絶えてしまった伴野小唄を現存資料から復活させ、子ども達との交流を通じ地域の大切な文化として継承する。 1,462 1,006 地域に根差した伴野小唄を復活させ、地域を学ぶ、地域の絆を大切にする機運が高まった。また、子ども達との交流を通じてコミュニティの活性化が図られた。
88 地域文化継承と創出の拠点づくり事業(PDF:383KB) 河野区(豊丘村) 地区で大正時代から継承する伝統芸能や文化系サークルの活動拠点として、老朽化しているため舞台を建て替え、伝統芸能の継承と文化活動の創出を図る。 15,660 4,250 担い手不足が懸念される壮丁おどりの発表の場を整備し、演技者やその担い手となる子ども達の意欲の向上に寄与した。今後、地域の拠点として有効活用が図られることを期待したい。
89 鬼面山登山道のイラストマップ作成事業(PDF:404KB) 豊丘村

昨年度整備した鬼面山の新九郎の滝ルートからの登山者増加のため、イラストマップを作成し、「信州山の日」と併せてPRする。

702 561 イラストマップの完成により、「信州山の日」の周知に寄与した。今後のPRにより、登山者の増加に繋がることを期待したい。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県南信州地域振興局企画振興課

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-53-0401

ファックス番号:0265-53-0404

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?