ホーム > 南信州地域振興局 > 商工農林業 > 信州の環境にやさしい認証制度

ここから本文です。

更新日:2018年9月6日

南信州地域振興局

信州の環境にやさしい農産物認証制度

 長野県では、環境と調和し自然と共生する持続性の高い農業を一層推進するため、平成21年産農産物から知事認証の「信州の環境にやさしい農産物認証制度」に取り組んでいます。

制度概要

 地域の一般的な栽培方法と比較して、化学肥料及び化学合成農薬を50%以上(一部30%以上)削減した方法で生産された農産物を認証する制度です。認証された農産物には、県の認証番号が入った認証票(シンボルマーク)を付けることができます。
 認証は、長野県知事名で行い、審査は、有機JAS認証の登録認定機関である(財)長野県農林研究財団が行います。

認証区分及び認証基準

区分「50」

化学肥料及び化学合成農薬について、「地域慣行施肥量」及び「地区農薬使用回数」の50%以上を削減した方法で生産された農産物

区分「30」

化学肥料及び化学合成農薬について、「地域慣行施肥量」及び「地区農薬使用回数」の30%以上を削減した方法で生産された農産物で、以下の要件に当てはまるもの
<要件>
1.果実のうち7品目(りんご、もも、なし、ぶどう、おうとう、すもも(プルーンを含む)、あんず)
2.当年産農産物の栽培に当たり一定以上IPM技術を導入して栽培されたもの

注1)地域慣行施肥量及び地区農薬使用回数については、「長野県における当該農産物について慣行的に行われている化学合成農薬の使用回数及び化学肥料の窒素成分量(地域慣行基準)」の基準を用いる。
注2)地区農薬使用回数は、地域慣行基準に「有機農産物のJAS規格で使用可能な農薬」等を加味した延べ使用回数。

シンボルマーク

農政課TOPへ

お問い合わせ

所属課室:長野県南信州地域振興局農政課

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-53-0413

ファックス番号:0265-53-1629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?