ホーム > 南信州地域振興局 > 商工農林業 > 農産物検査制度

ここから本文です。

更新日:2018年9月12日

南信州地域振興局

農産物検査制度

農産物検査制度について

 戸別所得補償制度(農業者戸別所得補償制度)や「玄米及び精米品質表示」等では、対象となる農産物が、農産物検査を受けていない場合、交付金が受けられない、交付単価が下がる、思うような品質表示が出来ない等のデメリットが発生します。

農産物の検査は、以下の項目を目的としています。

  • 種類、品質等のまちまちな農産物について、通常取引される商品としての客観的要件に従って分類し、商品としての規格化(あるいは標準化)を行うこと
  • これにより、現物の確認を要しない規格取引を可能として、公正かつ円滑な取引が図られること
  • また、生産者にとっては、規格を定めることにより、農産物の商品としての生産目標であり、品質改善の指標となること
  • 流通段階においては、円滑な流通が図られ、流通における費用の節減や安定した取引が行われることにより、消費の合理化に寄与すること

農産物検査制度の概要

検査機関について

 

農政課TOPへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県南信州地域振興局農政課

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-53-0413

ファックス番号:0265-53-1629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?