ホーム > 南信州地域振興局 > 商工農林業 > 6次産業化について

ここから本文です。

更新日:2018年9月5日

南信州地域振興局

6次産業化について

6次産業化とは

 6次産業化とは、農林漁業者が生産だけでなく、加工、流通・販売にも主体的・総合的に関わることにより、農林水産業の新たな付加価値を創出することです。

6次産業化に係る施策

総合化事業計画認定

 六次産業化・地産地消法の中で、農林漁業者等が経営の改善を図るための「総合化事業計画」を国が認定する制度が設けられています。 

 計画の申請受付は、3月・8月・12月の年に3回です。計画の作成にあたっては、信州6次産業化プランナー(外部サイト)が、専門分野に応じてお手伝いいたします。まずは、下記相談窓口にお問い合わせください。

食料産業・6次産業化交付金

 総合化事業計画を実施するにあたり、「食料産業・6次産業化交付金」を活用いただけます。

 事業実施主体の要件や交付対象については、食料産業・6次産業化交付金実施要綱(農林水産省HP)(外部サイト)を参照ください。

関連施策

農商工連携

 農商工等連携促進法に基づき認定された「農商工等連携事業計画」の実施にあたっても、上記「食料産業・6次産業交付金」を活用いただけます。

 加工業者等が、地域の農産物を活用し新たな加工品開発を行う場合等に活用いただけます。

地域資源活用事業

 地域資源活用事業とは、地域の中小企業者が共通して活用することができ、当該地域に特徴的なもとのして認識されている地域産業資源を活用して、中小企業者が商品の開発・生産、役務の提供、需要の開拓等の事業を行うことをいいます。

地域発 元気づくり支援金

 長野県では、豊かさが実感でき、活力あふれる輝く地域づくりを進めるため、市町村や公共的団体が住民とともに、自らの知恵と工夫により自主的、主体的に取り組む地域の元気を生み出すモデル的で発展性のある事業に対して、支援金を交付しています。

 雇用創出や遊休農地活用等、地域に貢献する比較的小規模な事業が対象となります。

6次産業化相談窓口

  • 南信州地域振興局農政課
    電話番号:0265-53-0413
    ファックス:0265-53-1629
  • 南信州農業改良普及センター
    電話番号:0265-53-0437
    ファックス:0265-53-1629

 

農政課TOPへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県南信州地域振興局農政課

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-53-0413

ファックス番号:0265-53-1629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?