ホーム > 南信州地域振興局 > 商工農林業 > 農産物・名産品 > 南信州の茶

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

南信州地域振興局

南信州の茶

南信州茶の歴史

 管内では、天正17年(今から400年以上前)には茶が生産されていたという記録があります(南信濃村史)。その後昭和30年代に入って近代的な製茶工場が整備され、茶の生産が本格化しました。

 

天龍村中井侍地区のお茶畑から天竜川を望む

 

南信州茶の特徴 

 南信州茶の特徴は、以下のとおりです。

  • ほとんどが一番茶のみの摘採でうまみが濃い 
  • 天龍川から立ち登る川霧が育む深い甘み
  • 浅蒸し製法により生まれる爽やかで上品な香り

南信州茶のブランド紹介

赤石銘茶

 JAみなみ信州が販売するブレンド茶。南信州茶の長所を残しつつ、色味や飲みやすさを高めたバランスの良いお茶です。管内Aコープ等でお買い求めいただけます。

信州若蒸し茶・山楽和茶

 天龍農林業公社が販売する天龍村産茶葉100%使用のお茶。通信販売対応可。

中井侍銘茶

 天龍村中井侍地区で生産されたお茶、渋み・甘みの強さが特徴的。地元直売所(龍泉閣など)、お茶元みはら胡蝶庵各店舗、及び通信販売で入手可能です。

関連情報

 

cha3

手摘みによる茶摘みの様子

 

農政課TOPへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県南信州地域振興局農政課

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-53-0413

ファックス番号:0265-53-1629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?