ホーム > 南信州地域振興局 > 観光 > 南信州の名水

ここから本文です。

更新日:2018年12月10日

南信州地域振興局

南信州の名水

南アルプス、中央アルプス、三河高地の峰々のふところにある南信州には数多くの名水があります。このたび、環境省は昭和60年に選定した「名水百選」に加え、新たな名水、「平成の名水百選」を選定しました。

長野県からは4箇所の選定され、そのうちの1つが飯田市南信濃の「観音霊水」です。

平成の名水百選に選定された「観音霊水」(飯田市南信濃)

「観音霊水」は、飯田市南信濃和田の盛平山(723m)の麓にある龍淵寺境内にある湧き水です。カルシウムとマグネシウムを多く含んだ硬水です。

水量や温度も年間を通じほぼ一定で昔から地元の方々の生活水としても使われ、大事にされてきました。

硬水:水に溶けているカルシウムイオン及びマグネシウムイオン含有量が多い水のこと。日本の多くの水は、軟水といわれています。

中央道・飯田ICまたは松川ICから80分、近くには名刹龍淵寺、神楽の湯があります。

 

 

山の麓にある観音霊水

 

湧き出す観音霊水

 

 

名水百選「猿庫の泉」(飯田市)

猿庫の泉は風越山の山麓に湧出する泉で、「名水百選」に選ばれています。お茶に合う名水として、休日には野点も行われています。

 

きれいな水が湧き出す猿倉の泉

 

名水「一番清水」(阿智村清内路)

阿智村清内路の南の玄関口、国道256号沿いにある「一番清水」。県内外から多くの利用客が訪れ賑わっています。この清水で入れたお茶や炊いたご飯はとても美味しいそうです。

 

一番清水

 

お問い合わせ

所属課室:長野県南信州地域振興局環境課

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-53-0434

ファックス番号:0265-53-0467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?