ホーム > 精密(試験室)検査

ここから本文です。

更新日:2019年2月26日

松本食肉衛生検査所

精密(試験室)検査

試験室での検査

と畜場で判断できないものについては、その場で合格印を押さず保留にして、検査材料を試験室で詳細に検査し

ます。

病理検査 病理検査

腫瘍や体内に寄生している寄生虫などを顕微鏡を

使って検査します。

例)白血病・悪性腫瘍・トキソプラズマ

細菌検査 細菌検査

人と動物に共通して感染する病気や食中毒の原因

菌などを検査します。

例)腸管出血性大腸菌O157・炭疽菌・サルモネラ菌・

カンピロバクター

理化学検査 理化学検査

食肉中の動物用医薬品の残留検査等をします。

例)抗菌性物質・駆虫剤

TSE検査 BSEスクリーニング検査用に延髄を採材 TSEスクリーニング検査

平成29年4月から、生後24か月を超え原因不明の起立不能や神経症状がある牛、平成28年6月から全月齢で原因不明の起立不能・神経症状があるめん羊・山羊について、TSEスクリーニング検査を実施しています。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県松本食肉衛生検査所 

長野県松本市大字島内9839

電話番号:0263-47-0470

ファックス番号:0263-40-1523

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?