ホーム > 業務内容

ここから本文です。

更新日:2019年2月26日

松本食肉衛生検査所

業務内容

牛・馬・豚・めん羊・山羊が肉になって、食卓に届くまでの流れ

みぎのぶたさんをクリックしてみてね豚の画像(PDF:185KB)

食肉衛生検査所の仕事

と畜検査

安全な食肉を供給するため、と畜場において、食用としてとさつ・解体されるすべての牛、馬、豚、めん羊、山羊を1

頭ずつ検査しています。

と畜場の検査とは?

試験室の検査とは?

食鳥検査

年間30万羽以下の鶏などを食鳥肉として処理する「認定小規模食鳥処理場」の監視指導をしています。

調査研究

人と動物に共通して感染する病気、と殺・解体作業中の微生物汚染、動物用医薬品の残留など、食肉に関するい

ろいろな調査研究を行っています。

それらの成果は、業務で活用するとともに、研修会などで発表して情報交換しています。

 

衛生指導

と畜の作業従事者等に対する衛生教育を実施しています。解体作業時に食肉が細菌に汚染されないように、検査

等を行い、その結果を基に原因究明をして、衛生的な食肉を提供できるよう衛生意識・技術の向上を図っています。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県松本食肉衛生検査所 

長野県松本市大字島内9839

電話番号:0263-47-0470

ファックス番号:0263-40-1523

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?