ホーム > 松本農業改良普及センター > 活動ホットニュースコーナー > 農業士協会安曇野支部が愛知方面の視察に行ってきました(平成31年1月31日、2月1日)

ここから本文です。

更新日:2019年1月31日

松本農業改良普及センター

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

農業士協会安曇野支部が愛知方面の視察に行ってきました(平成31年1月31日、2月1日)

  長野県農業士協会安曇野支部は、農業経営者としての能力を身に付け、地域のリーダーとなりうる青年農業者として県知事の認定を受けた、松本市梓川地区、安曇野市、筑北村、麻績村の農業士から構成される団体です。

 当支部では、会員の研鑽と交流を図るために隔年で先進地視察を行っています。本年は、トヨタ自動車の「カイゼン」、青果の流通・販売について1月31日、2月1日に愛知県への視察研修を企画したところ、7名が参加しました。

 1日目は、弥富市の㈲鍋八農産を視察し、代表取締役の八木氏より、カイゼンを取り入れた経営の効率化や、社員教育について講義をしていただきました。講義の後はカイゼンによりきれいに整頓された倉庫とライスセンターを見学しました。

 また、名古屋市中央卸売市場では、青果物の市場流通について理解を深めました。

 2日目はトヨタ自動車の組立工場の視察を行いました。異業種でしたが、トヨタ生産方式の2本の柱である「ジャストインタイム」と「自働化」は自身の農業生産のヒントになったかと思います。

 今回の視察を活かして、農業士協会安曇野支部はこれからも会員および支部の資質を向上させるための独自活動を進めていきます。

houjinn

(有)鍋八農産 ライスセンターの視察

 

 nagoya

名古屋市中央卸売市場の視察

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県松本農業改良普及センター 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1948

ファックス番号:0263-47-6594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?