ホーム > 松本農業改良普及センター > 活動ホットニュースコーナー > 安曇野市の農村生活マイスターが飯山方面に視察研修を行いました。(令和元年7月17日)

ここから本文です。

更新日:2019年7月17日

松本農業改良普及センター

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

安曇野市の農村生活マイスターが飯山方面に視察研修を行いました(令和元年7月17日)

 

 長野県農村生活マイスター協会安曇野支部は、豊かな農村社会の構築に向け、農村生活マイスターとして長野県知事の認定を受けた安曇野市の女性農業者による団体です。

 当支部では、会員の研鑽を図るために毎年先進地視察を行っています。本年は、飯山地方の「食文化伝承」の取組事例について、7月17日に視察研修会を企画したところ、29名のマイスターが参加しました。

 当日は、「いいやま食文化の会」代表を務める、坂原シモ氏(農村生活マイスターH4認定)から、『信州いいやま食の風土記』の内容を基に、飯山の郷土食を次世代に継承することにより、食育や地産地消の推進に取り組む活動についてお話を伺いました。

 「郷土食を知ることは、故郷を知ること。故郷を大切に思うことで心が丸くなる。郷土食を守ることは、地域の農業・農地を守ることにつながる。」ひたむきに取り組んだ活動の歴史に一同深く感銘を受け、安曇野支部として、さらなる活動の推進に意欲を新たにしました。

研修会

研修会(中央奥が坂原氏)

 また、下水内支部のマイスターとの交流会も行い、互いの支部の伝統野菜、地産地消の取り組みについて活発な情報交換を行いました。

 今回の視察を活かし、毎年1月に開催している、安曇野の農業に生きる女性達の交流会のテーマ、内容を絞り込んで開催準備を進めていきます。

 syuugousyasinn

味蔵月あかりにて集合写真

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県松本農業改良普及センター 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1947

ファックス番号:0263-47-6594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?