ホーム > 松本農業改良普及センター > 活動ホットニュースコーナー > 安曇野.come(ドットコメ)で現地検討会を行いました(令和元年7月9日)

ここから本文です。

更新日:2019年7月9日

松本農業改良普及センター

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

安曇野.come(ドットコメ)で現地検討会を行いました(令和元年7月9日)

 安曇野市で水田作経営を行う若手農業者のグループ「安曇野.come」では、定例会に合わせてメンバーのほ場で現地検討を行いました。 

   この日の現地検討は、「水田におけるICT等を用いた新たな省力低コスト栽培」をテーマに、農業改良普及センターが試験を依頼している高密度は種育苗技術の検討と、水田畦畔におけるラジコン式草刈機の実演を行いました。

  高密度は種育苗では田植え後の欠株の問題が指摘され、田植機の作業スピードや爪の設定を調整することで解消できるとの説明がありました。ラジコン式畦畔草刈機は市販されている機種であり、その性能の高さに草刈り作業の省力化への期待が高まっていました。

 今年のこれまでの水稲の生育は草丈が短く、分げつが多い傾向で、日照が少なく比較的温度が低い年の生育の特徴を示していますが、初期の生育量は十分確保できており、梅雨明け後に平年並みの天候になれば生育に問題はないとの説明がありました。

   次回8月下旬の定例会でも成熟期のほ場巡回が予定されており、それが過ぎるといよいよ実りの秋を迎えることになります。

 

 

 rajikonn

メンバーが管理する水田でラジコン式畦畔草刈機の実演   

 

 

kennsyuu

ラジコン式草刈機の構造に興味津々

 

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県松本農業改良普及センター 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1947

ファックス番号:0263-47-6594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?