ホーム > 松本農業改良普及センター > 活動ホットニュースコーナー > 松本農業女子くらら視察学習会が行われました(令和元年7月8日)

ここから本文です。

更新日:2019年7月8日

松本農業改良普及センター

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

松本農業女子くらら視察学習会が行われました(令和元年7月8日)

 松本農業女子くららは、平成28年11月から活動を始めた女性農業者の団体で、現在26名が松本地域を中心に活動しています。この度は会員の資質向上を目的に、会員の農園と地元の直売所を視察しました。

察先の農園は塩原会員の農園「Chef’s garden」で、カリフラワー・西洋野菜・野菜苗等をレストラン等との直接取引を中心に出荷するとともに、取引先の飲食店と消費者向けのイベントを開催して農業の素晴らしさを伝えるなど、幅広く活動されています。塩原会員の案内で出荷最盛期を迎えたカリフラワーや大変珍しい西洋野菜を見て食べて勉強させてもらいました。

 直売所は松本市内の「生産者直売所 アルプス市場」で、“生産者が潤う農業の構築”をポシリーとして経営に取り組まれ、平成8年の開設時には登録生産者が35名であったが現在は420名が出荷先として利用されています。犬飼社長から会社概要などを伺った後、会員から質問が出され、貴重な情報交換の場となりました。

ららでは、今後も松本市農林業祭等への出店や独自の講習会を開催するなど積極的な活動を展開していきます。

190708 くらら視察学習会

塩原会員のカリフラワーほ場視察の様子

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県松本農業改良普及センター 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1947

ファックス番号:0263-47-6594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?