ホーム > 松本農業改良普及センター > 活動ホットニュースコーナー > 安曇野市三郷地区でひと足早い田植え作業が行われました(平成31年4月19日)

ここから本文です。

更新日:2019年4月19日

松本農業改良普及センター

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

安曇野市三郷地区でひと足早い田植えが行われました。(平成31年4月19日)

 安曇野市の若手水田作農家9人のグループ「安曇野.come(ドットコメ)」では、4月19日に地域で最も早い田植え作業を行いました。メンバーの宮澤和芳さんが、自身が管理する水田に「コシヒカリ」の苗を植えました。当日はメーカー3社の田植機が一堂に会し、安曇野.comeのメンバーが分乗して、まだ小さな稲の苗を整然と植えていきました。メンバーは新型機の自動運転の技術を体験したり、安曇野市のキャラクターが同乗するなどしながら、約50アールの水田の田植え作業を終えました。この地域の田植えのピークは例年5月半ばですが、参加したメンバーはこれから本格化する農作業の安全や秋の豊作を祈るとともに、安全・安心なおいしいお米を食卓に届ける責任を感じながら今年の農作業に取り組んでいこうと、気持ちを引き締めていました。

 

ドット.come写真3

  安曇野市のゆるキャラも今年の農作業の安全を祈願。

ドット.come写真2

  3社の田植機が勢ぞろいで田植え作業を行いました。

 

ドット.come写真1

 取材を受ける宮澤和芳さん。安全・安心でおいしいお米を消費者に届けたい。 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県松本農業改良普及センター 

担当者名:原啓一郎

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1947

内線:2575

ファックス番号:0263-47-6594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?