ホーム > 松本農業改良普及センター > 活動ホットニュースコーナー > 安曇野市豊科農村女性学習会「伝え手25年のあゆみ」が最優秀賞(知事賞)受賞

ここから本文です。

更新日:2018年12月18日

松本農業改良普及センター

 普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

安曇野市豊科農村女性学習会「伝え手25年のあゆみ」が最優秀賞(知事賞)受賞 ~農村女性きらめきコンクール地域活動の部~(平成30年12月18日) 

   「農村女性きらめきコンクール」は、家庭や地域で能力を発揮して活躍し、いきいきと輝く農村女性の努力と活動の成果を表彰し、一般に公表するための事業です。

   このたび、地域活動の部において、「安曇野市豊科農村女性学習会」の、「伝え手25年のあゆみ」が最優秀賞(長野県知事賞)を受賞されました。

   平成30年12月18日(火)に開催された、長野県農村女性フェスティバルにおいて、「豊科農村女性学習会」の松尾園子代表の体験発表が行われました。

   この会は、平成6年より長きにわたり、学習と仲間づくり、共通課題の解決へ取り組んでこられました。活動は、食育、加工、花街道、直売を中心に取り組まれてきました。

 伝統的な加工や料理を子供に伝える企画や、伝承の資料の発行、米づくり体験のため遊休荒廃農地を学校田に生まれ変わらせる等の活動をされました。

   また、安曇野市の玄関口を飾る「アルプス花街道」は会の活動がきっかけとなったものであり、後に町主催の事業となり、今日では多くの団体が参加しています。

審査会では、 

・他の女性団体と連携して共通課題に取り組み、農産加工所の設置や、学校給食への地元食材の供給を実現させた。

・国の補助事業を有効に活用して、活動を推進している。

・長野県農村女性プランの実現を目指して行動され、また、女性の役職登用にも応えて、農村生活マイスター、農業委員を輩出しており、男女共同参画の推進に寄与している等の点が高く評価がされました。

hyoushiki 

授賞式 副知事から授与される

happyoukai

代表松尾氏の体験発表の様子

 

 地域活動の部 最優秀賞 【長野県知事賞】  活動報告書「伝え手25年のあゆみ」(PDF:1,654KB)

 普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県松本農業改良普及センター 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1948

ファックス番号:0263-47-6594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?