ホーム > 松本農業改良普及センター > 活動ホットニュースコーナー > 飼料用とうもろこしの品種展示圃の播種を行いました(平成30年5月28日)

ここから本文です。

更新日:2018年6月20日

松本農業改良普及センター

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

飼料用とうもろこしの品種展示圃の播種を行いました。(平成30年5月28日)

 畜産経営の安定化には良質な自給飼料の生産が欠かせません。普及センターでは、この数年来種苗メーカーと管内酪農家の協力を得て飼料用とうもろこしの品種展示ほ場を設置し、有望品種の検討を行っています。

 本年は、県育成の2品種と主要な種苗メーカーの11品種の計13品種を供試し、松本市波田の約30aの圃場に5月28日に播種を行いました。秋の収穫まで品種特性を調査しつつ、8月には生産者、関係機関を交えた現地検討会も予定しており、生育・収量に優れた品種は積極的に普及を図ることにしています。

 

酪農家による播種の様子

酪農家による播種の様子

 

普及センタートップページへ 活動ホットニュースコーナーへ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県松本農業改良普及センター 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1947

ファックス番号:0263-47-6594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?