ホーム > 松本農業改良普及センター > 松本地域でリンゴ黒星病基幹防除剤(DMI剤)が効かない耐性菌が確認されました。りんご生産者は至急、園地確認を行ってください。確認または疑わしい事例がありましたら、必ず普及センターまたはお近くのJAへご連絡ください!!(平成30年6月19日)

ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

松本農業改良普及センター

 

普及センタートップページへ

松本地域でリンゴ黒星病基幹防除剤(DMI剤)が効かない耐性菌が確認されました。りんご生産者は至急、園地確認を行ってください。確認または疑わしい事例がありましたら、必ず松本農業改良普及センターまたはお近くのJAへご連絡ください!!(平成30年6月19日

 薬剤耐性菌の拡大を防ぐため、りんご生産者の皆様には園地の確認を行っていただきますとともに、りんごの苗木・穂木等を導入する際は十分注意するようお願いします。

  今回確認されたDMI剤耐性菌によるリンゴ黒星病の発生園は、昨年秋以降に定植したほ場など限定的ですが、周辺への感染が懸念されるため、早期発見が極めて重要です。 

 発生園では、苗木の伐採や被害葉を摘み取るなどの対応が必要となりますので、疑わしい症状がありましたら、松本農業改良普及センターまたはお近くのJAにご連絡ください。
 病気のまん延防止のため、現地での視察や取材は、ご遠慮いただくようお願いします。

1 りんご黒星病とは

 糸状菌(カビ)による病害で、リンゴの葉や果実にすす状の病斑を生じ、落葉、落果、裂果を引き起こします。

2 薬剤耐性菌とは

 耐性菌とは、これまで効果のあった農薬が効かなくなり、十分な防除効果がみられなくなった菌のことです。

3 防除対策

 被害の発生状況に応じて、「被害葉や被害果の摘み取り」や「苗木の伐採」などが必要となります。
 また、薬剤による防除は効果のある薬剤(DMI剤及びQoI剤を除く)を使用し、間隔を空けずに定期的に実施することが必要です。
 防除にあたっては、必ず事前に松本農業改良普及センターまたはお近くのJAにご相談ください。

4 その他

 県外から導入された苗木での発生が多いことから、りんごの苗木・穂木等を導入する際は十分注意するようお願いします。

5 問合せ先

 詳細は病害虫防除所または松本農業改良普及センターへ確認してください。
   病害虫防除所URL (http://www.pref.nagano.lg.jp/bojo/index.html)

 

普及センタートップページへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県松本農業改良普及センター 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1947

ファックス番号:0263-47-6594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?