ホーム > 松本地域振興局 > 住まい・景観 > 松本地域の景観育成住民協定地区

ここから本文です。

更新日:2019年1月23日

松本建設事務所

松本地域の景観育成住民協定地区

松本地域の優れた景観を守り育て、そして次の世代に引き継いでゆくために「景観育成住民協定」を締結しています。

長野県の景観育成住民協定へ(都市・まちづくり課のページにリンク)

景観育成住民協定とは?

県では、地域の住民の皆さんが、景観づくりのために、一定の区域の建物の色彩や形態などの外観や、緑化などに関しての自主的なルールを定め、皆でそれを守り育てるための協定を締結した場合に、景観育成住民協定として知事が認定を行う制度を設けています。
この協定は、平成4年に施行された、県の独自条例である旧長野県景観条例で規定され、平成18年の「景観法」の制定を受けて、改正され施行された長野県景観条例にも、県の独自制度として引き継がれています。
(景観を守り育てる取り組みは「景観形成」と表現されることが一般的ですが、長野県では、皆で育(はぐく)むことを重視する意味から「景観育成」という言葉を用いています。)

景観育成住民協定地区認定状況

市町村 沿道・田園型 商業・観光地型 新興団地型 既存集落型 合計(件数)

松本市

 

 

1

 

1

塩尻市

 

 

1

3

4

安曇野市

22

2

1

 

25

合計(件数)

22

2

3

3

30

 

お問い合わせ

所属課室:長野県松本建設事務所 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1934(県営住宅担当、宅建担当)、0263‐40‐1935(建築担当)

ファックス番号:0263-47-4940

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?