ホーム > 松本建設事務所 > 事業・管内紹介 > 維持作業の紹介

ここから本文です。

更新日:2016年8月24日

松本建設事務所

維持作業の紹介


春の作業【春】
冬の間、側溝の中にたまった土砂やゴミを清掃をして水の流れを良くします。

秋の作業【秋】
道路にある砂やほこり等のゴミを路面清掃車を使い清掃しています。

夏の作業 【夏】
道路わきの草木を切り、皆さんが道路を利用しやすくします。

冬の作業【冬】
道路上が凍ってしまう所に融雪剤をまいています。トンネル内は大きなツララを落として、利用される際の安全を図っています。

みなさんのご協力をお願いします・・・

 

 

 

 除雪事業の紹介

松本建設事務所では、59路線・約635Kmの除雪を行なっています。

Q.635Kmってどのくらい?

A.松本と北海道(函館)を直線で結んだ距離です。

松本と函館を結んだ距離

 

Q.どのような機械で除雪を行なうの?

A.「雪をどかす機械」、「路面の雪を溶かす材料を散布する機械」があります。

 

【 雪をどかす機械 】

除雪ドーザー
除雪ドーザー

除雪グレーダー

 

【 雪を溶かす材料を散布する機械 】

自動塩カル散布機
自動塩カル散布機

消雪剤散布車

 

59路線を46の会社で除雪しています。

Q.何台くらいの機械があるの?

A.155台の機械が稼動しています。

 

Q.46社で何人くらいの人が働いているの?

A.11月から5月までに延べ2100人の人が携わっていて、この人数は松本市民全体の1%にも
あたります。

 

 

 

 

みなさんの理解とご協力を

1.除雪は深夜スタート!

みなさんの朝の通学や通勤の時間に間に合わせるため、深夜から作業を行ないます。作業中の車両にご協力をお願いします。

除雪は深夜スタート

 

2.玄関前の雪の処理について

大型機械を使って路面の雪を端に寄せるため、玄関前に雪が残ってしまいます。その雪の片づけは地域の方々でご協力をお願いいたします。

玄関前の雪の処理

 

3.安全運転のお願いです

冬の路面は雪が降らなくても凍っています。スタッドレスタイヤを履いても、スピードを押さえた運転を心がけてください。

安全運転をお願いします。

 

4.1日何回除雪作業するの?

大雪や冷え込む日でなければ、朝4時から6時と、夕方5時頃作業するように心がけています。大雪等の日は地区の事情を考慮して、回数を増やします。

 

 

5.1回の作業、何時間かかるの?

山間部の長い路線になると1廻りするのに、4時間以上かかります。

6.除雪車はゆっくり走る

路面の雪をきれいにとっていくので、ゆっくり走らなければなりません。そのスピードは30Km/h程です。

除雪車はゆっくり走ります。

7.どのくらい積もったら作業するの?

地域の事情に応じ、すべりやすい道や、交通量の多い道は5cmから10cmで作業をはじめます。その他の道では10cmから15cmで作業をはじめます。

 

 

 

みなさんのご協力をお願いします・・・

 

 

 

 

除雪のいろいろ

冬の寒い朝や、雪が積もった朝に行なう除雪です。ある除雪機械オペレーターの朝を紹介しましょう。

融雪作業

除雪作業

午前2時起床午前2時半除雪基地へ路面状況の確認午前3時除雪機械を点検し出発 ・除雪/融雪作業 ・ ・ 午前7時作業車両の洗浄 ・ ・ ・ 午前8時作業終了午前8時半通常業務へ

 

 松本建設事務所内で冬期閉鎖している道路は9路線あります。春になり一日も早く利用していただくために、除雪作業を行なっています。道路に何mもの雪が積もっていますので、大型のショベルとロータリー除雪車を組み合わせて、雪を遠くへ飛ばしていきます。

 下の写真は、安曇村乗鞍岳線の除雪の様子です。

乗鞍岳線の除雪の様子

乗鞍岳線の除雪の様子

 

お問い合わせ

所属課室:長野県松本建設事務所 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1965

ファックス番号:0263-48-1216

維持管理課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?