ホーム > 松本地域振興局 > 観光 > 松本、安曇野地域の観光情報 > 花・新緑スポット > 玄向寺牡丹(松本市)

ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

松本地域振興局

玄向寺・牡丹(松本市)

松本市玄向寺1松本市玄向寺2

牡丹の寺として知られ、もともと念仏寺、清光寺といったが、寛文9年(1669年)に松本藩主・水野忠直が墓地を造るにあたり、父忠職の法名をとって現在の寺名になった。
5月から6月にかけて境内には1350株の牡丹が咲き乱れます。
槍ヶ岳の開山、笠ヶ岳の再興者である播隆上人ゆかりの寺としても知られている。

感動のポイント

こんな方におすすめ: 花の好きな人
訪れる時期: 5月
感動の内容: 色とりどりの牡丹の咲き乱れた境内は、色彩が鮮やかで花のいい香りが漂う。
120種のボタンの中には、赤やピンクのあでやかな色の他に、黄色や黒く見える濃い紫色など珍しい品種もある。開花時期に合わせ、雅楽演奏会が開かれる。

問合せ・アクセス等

住所: 松本市大村681
問合せ先: 玄向寺
TEL: 0263-46-1393
ホームページ: http://www.genkouji.jp/
アクセス: 松本インターより車で25分、JR松本駅よりタクシーで15分
駐車場の有無:

お問い合わせ

所属課室:長野県松本地域振興局商工観光課

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1932

ファックス番号:0263-47-8904

サイトに掲載した情報の詳細に関するお問い合わせは、上記の「問合せ先」にご連絡ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?